槍について

 

槍の歴史

槍(やり)に相当する武器は古代からあったが、現在槍術として用いられる槍が実戦で見られるようになったのは南北朝時代以降と思われる。槍は武器としては弓、鉄砲、手裏剣など、いわゆる飛び道具を除けば最も有利なため室町時代以降、戦場では中心的な武器となった。それまで長い武器として主流であった薙刀に比べて技を早く繰り出せる上に、切るよりも突くほうが殺傷力が高いからである。

「やり」という名称は「突き遣る」という意味から生まれたと言われ、古くは「鑓」と書いた。その名の通りしごいて繰り出し「突き刺す」のに適した構造をしている。

武器として有利であるため槍術は上流武士の身分の象徴でもあった。明治時代になるまでは下級武士に槍術が教えられることはなかったという。また槍術の稽古をする道場というものは元々なく城内で中小姓以上の武士に伝授されていたということである。実戦的な武術でありながら剣術にくらべ槍術の流派が極めて少ないのはそのためである。

明治以降になると槍術は全く顧みられなくなり、ほとんどの流派は断絶した。

 

 

槍の流儀

槍術を専門とする流儀としては尾張貫流、佐分利流、風伝流、宝蔵院流高田派が現存している。いずれも各地の演武会やビデオなどで見ることができる。この他にも一般に知られずに伝承されているものがあるかもしれない。また他の武器術に併せて槍術を伝えている流儀も少なくない。荒木流、竹内流、立身流、天真正伝香取神道流、馬庭念流などがその例である。

その他、現存していないと思われるが名の知られた槍術流派として伊東流、内海流、大島流、種田流、木下流、疋田流、本心鏡智流、無辺流などがある。

大正から昭和の初め頃には鏡智流、空玄流、正智流、新天流、疋田流などの槍術が残っていたが、残念ながら絶えてしまった。

 

 

槍の形状

槍の各部の名称について解説する。

槍は長い柄の先端に真っ直ぐな刃を付けたものである。

刀で言えば刀身に当たる刃の部分を槍では穂(ほ)と呼ぶ。刀と違って通常は穂の両側に刃がついている。穂の根元のくびれた部分をけら首(塩首)という。柄に差し込む部分を茎(なかご)という(「中心」とも書く)。

柄は樫などの木で作られる場合が多く、薙刀と違って断面は円形である。バランスをとるため穂の方に近づくにつれ細くなるのが普通である。柄の端には石突(いしづき)という金具が取り付けられる。

言うまでもなく、使用しない時には穂に鞘を被せている。鞘の形状は多種多様である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


槍の種類

実用上からみた槍の分類について述べる。それぞれ一長一短あり、遣う人、状況によりいずれが有利とも言えない。

 

穂の形による分類

直槍(すやり、すぐやり)

通常の直線的な形状の槍である。断面の形状によって平三角、正三角、両鎬の三種ある。最もよく見られるのは平三角槍である。両鎬は重くなるが切るのに適している。穂が直槍で、拵え(柄の部分)に特別の仕掛けが無いものを素槍(すやり)と呼ぶ。

 

鎌槍(かまやり)

穂に鎌の刃のような枝の出たものである。一方だけに鎌のある片鎌槍、両側に出た両鎌槍(十文字鎌槍、十文字槍)がある。鎌槍はすべて両鎬である。また通常は刃に鎌が付いているが、鎬から直角に鎌の出るものもある。鎌により攻撃範囲が広くなり、相手の得物を引っ掛けたり、抑えたりすることができる。

 

菊池槍(きくちやり)

穂が短刀のような形の片刃のもの。槍の原型と言われている。筑紫槍ともいう。

 

袋槍(ふくろやり)

我が国の槍の多くは刀や薙刀と同様、柄の中に穂を差し込んで目釘で固定する茎(なかご)式であるが筒状になった穂に柄の方を差し込む形式のものもある。これを袋槍という。武器としての威力は茎式の方が優れている。袋槍は特に切る、打つといった使い方がしにくい一方、柄の製作が容易という利点がある。柄が折れた場合も手近な棒に着けて使うことができる。中国や西洋の槍はすべて袋式である。日本の古代の矛(ほこ)も袋式のものであった。

 

大身槍(おおみやり)

槍の穂は一般に短めのものが多いので、一尺以上の長いものを特に大身槍という。

 

 

長さによる分類

二間槍(にけんやり)

全長が二間(360 cm)の槍。江戸期の槍の寸法は二間が標準で単に素槍というと二間の素槍を指す。

 

小素槍(こずやり)

全長が一間半(=九尺=270 cm)の短めの素槍。

 

手槍(てやり)

全長が七尺(210 cm)前後の短い槍。

 

 

拵え等による分類

管槍(くだやり)

柄に金属製の管を通し、前の手にその管を握って管を通して突く槍。摩擦が少ないため突きが速い。早槍(くだやり)とも書く。

 

鍵槍(かぎやり)

柄に鉤形の金具を取り付けた槍。鎌槍と同様に引っ掛けたりすることができるが、特別な穂が必要ない。

 

以上の他にもいくつかの変化型があるが、使用上は大きな違いがないので説明は省略する。

実際の例として、宝蔵院流高田派では全長九尺の「十文字鎌槍」、風伝流では「二間の素槍」、尾張貫流では「二間の管槍」を用いる。

佐分利流の槍は「九尺の鍵槍」で穂は「両鎬の大身槍」である。また形では立方(たちかた)は「小素槍」を用いる。

 

 

槍術の現状

現代では古武道を学ぶ人が少なくなっているが、中でも槍術は現存流派が少ないこともあり、存在自体が知られていない。そのため本当の槍術を見ずに槍を語る人が多く、誤った知識が広まっているのは残念なことである。また歴史研究において槍の知識は必須のはずであるが、歴史ブームや戦国ブームと言われながら戦国の世で武士に最も重視された槍を誰も正しく知ろうとしないのは問題である。槍術の中でも特に佐分利流は戦国の実戦技術を現代に伝えており歴史資料としても極めて貴重である。本来は歴史研究家すべてが佐分利流を学ぶべきであろう。

槍は本来極めて実戦的な武器であるにも関わらず、時代劇で見かける槍は、伝統的な槍術とは異なった使い方をされているため、その威力が全く表現できていない。また近年では槍と称する武器を使っているスポーツ競技もあるが、短く軽い上に片手で振り回すなど武術としては実戦で使えない技が目に付く。このような映像を目にすると槍はあまり役に立たない武器であると誤解されやすい。また古武道全般について言えることであるが、演武会やビデオなどの形だけを見て「この技は実戦的でない」などと安易に判断する人もいる。

このような誤解は実際に槍術を学んでみると雲散霧消するであろう。

このホームページを通じて少しでも、槍、そして古武道に対する偏見を無くし槍術の次代への継承に力を添えて頂ければ幸いである。

 

                                                                                                           

表紙に戻る

 

平成26730