佐分利流、信抜流関連流儀の伝系

 

中条流、富田流

中条流は中条兵庫頭長秀(ちゅうじょうひょうごのかみながひで)によって創始された流派である。慈音という僧が日向国、鵜戸権現で夢中に得た刀術を兵庫頭に授け、中条家家伝の刀術(中条家平法)と合わせて工夫したものという。中条流は中条兵庫頭から甲斐豊前守広景、大橋勘解由左衛門高能、富田九郎左衛門長家へと受け継がれた。この富田一門で達人が輩出したため中条流は富田流とも呼ばれるようになる。

九郎左衛門の孫(子とも言う)、五郎左衛門入道勢源(ごろうざえもんにゅうどうせいげん)が特に名高い。五郎左衛門は眼病のため家督を弟の治部左衛門景政に譲り、出家して勢源と号した。現代に残る戸田派武甲流薙刀術は戸田清眼(富田勢源)を祖としている。治部左衛門景政もまた技術に優れ前田利家に仕え関白秀次にも召されて武術を教えたという。治部左衛門の弟子には鐘捲流(かねまきりゅう)の祖、鐘捲自斎通家があり、一刀流の伊藤一刀斎景久は自斎の弟子である。この系統は現代の鐘捲流、小野派一刀流、溝口派一刀流、北辰一刀流などに繋がる。

治部左衛門の娘婿の山崎六左衛門は富田家を継ぎ富田越後守重政と名乗り、富田流の名を更に高め、「名人越後」と呼ばれた。現代に伝わる気楽流柔術は戸田(富田)越後守が創始したと伝えられている。

 

さて佐分利流の祖、猪之助重隆に槍術を教えた富田牛生であるが、「本朝武芸小伝」によれば「越前朝倉家の人。その槍法は神の如く、中根一雲、打身佐内、佐分利猪之助等の弟子が傑出した」とあるのみで詳しい経歴は不明である。一説には富田牛生は富田勢源その人であるともいう。しかし富田勢源と佐分利猪之助はかなり年が離れているし(推定60歳くらい)、名の知れた勢源と牛生とを間違えるはずがない。おそらく牛生は勢源の弟子筋にあたる人物であろう。牛生の弟子の一人、打身佐内は内海流槍術の祖、内海左門のことと考えられる。内海流の伝書によると内海左門は戸田清玄(富田勢源)の弟子の中堀玄清から槍術を学んだことになっている。そうすると、この中堀玄清こそが富田牛生ではなかろうか。玄清と牛生(ごせい)とで音も似ている。ただ残念ながらこれを裏付ける資料はなく、今後の研究が待たれる。

 

佐分利猪之助重隆の伝は佐分利源五左衛門重堅と佐分利左内重可が継ぎ、源五左衛門重堅の甥、平蔵重種の子孫が代々三原で槍術師範として現在の佐分利流に至っている。源五左衛門重堅には大庭勘助景包という優れた弟子がおり後に円智流と改め、江戸で多くの門人を育てた。

一方の佐分利左内は備中足守の木下藩に仕えたという。足守の藩主木下淡路守利当(としまさ)も槍術に秀で、木下流槍術を創始したほどであった。佐分利左内からも槍を学んだと考えられるが、おそらく複数の流儀を修めたのであろう。伝わるところによれば木下流は二間の素槍で穂も極めて小さいと言い、佐分利流の鍵槍とは全く異なるものであったらしい。

左内重可の伝はその子、猪之助正晴から正晴の門人森源内忠国に継承され、忠国が佐分利の家名を継ぎ、以後代々福山藩の槍術師範となった。この系統は福山の他、讃岐高松藩、水戸藩、佐倉藩、新発田藩など各地に広まっている。

また佐分利円右衛門(丹右衛門)忠村は年代から猪之助重隆の直弟子と考えられるが佐分利流と伊東流系の虎尾流を合わせて尾張佐分利流(伊東流佐分利流、後に佐分流)を創始し幕末まで尾張藩で伝承された。円右衛門忠村の弟子であった津田権之丞信之は貫流を創始しこの流儀は尾張藩の御止流となり現代にまで存続している。

この他にも多数の伝系があるが現在では猪之助重隆の正統を引く三原藩の佐分利流のみが継承されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新陰流、タイ捨流

中条流とともに日本の剣術の三大源流とされる陰流は伊勢の豪族、愛洲移香斎久忠(あいすいこうさいひさただ)が日向の鵜戸の岩屋で霊夢をこうむり創始したといわれている。上泉伊勢守信綱は初め鹿島神道流を学び更に陰流を学んで特に陰流を基に工夫を加え新陰流を創始した。上泉伊勢守には数多くの優れた弟子がおりそれぞれ一流を立てて伝えたことは良く知られている。疋田豊五郎景兼の疋田陰流、神後伊豆守宗治の神陰流、柳生石舟斎宗厳の柳生新陰流、丸目蔵人佐長恵のタイ捨流、奥山休賀斎公重の神影流などである。このうち柳生新陰流、タイ捨流、神影流系の直心影流は現存している。

また、宝蔵院流槍術の宝蔵院胤栄も上泉伊勢守の教えを受けている。

丸目蔵人佐は肥後の人で京都で上泉伊勢守に師事して新陰流を学んだ後、肥後に戻り独自のタイ捨流を開いた。この流儀は九州各地に弘まった。示現流の祖、東郷藤兵衛重位も初めこれを学んでおり示現流にもタイ捨流の影響がある程度入っているのではないかと思われる。

奥山左衛門大夫忠信は丸目蔵人佐長恵にタイ捨流を学び工夫を加え心貫流を創始した。二代目の長尾美作守重宗が流名の心貫流を新抜流と改め、五代目の永山大学入道信樂が信抜流と変更し現在に至っている。永山大学は豊後の人で諸国を廻った後、広島、三原で多くの門弟を育てた。それ以降、信抜流は三原で盛んに行われた。永山大学の弟子、三宅善五郎は江戸で流儀を広めた。文武に秀でた豪傑として知られた幕臣の平山行蔵は忠孝真貫流(後に講武実用流)を称したが、それはこの流れである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


表紙に戻る

 

平成21121