第一章 全身経穴図 P1
第一節 解剖と立位の経穴図
1-1図(1)解剖姿勢での前面経穴図(下から)
足の陽明胃経:厲兌→内庭→陥谷→衝陽→解谿→豊隆→下巨虚→条口→上巨虚→足三里→犢鼻→梁丘→陰市→伏兎→髀関→気衝→帰来→大巨→天枢→太乙→梁門→不容→乳根→乳中→膺窓→屋翳→庫房→気戸→缺盆→気舎→水突→人迎→大迎→地倉→巨髎→承泣
手の厥陰心包経:中衝→労宮→大陵→内関→間使→郄門→曲沢→天泉→天池
任脈:曲骨→中極→関元→気海→神闕→下脘→中脘→巨闕→鳩尾→中庭→膻中→玉堂→紫宮→華蓋→璇璣→天突→廉泉→承漿

1-1図(2)解剖姿勢での後面経穴図(下から)P2
足の太陽膀胱経:委中→委陽→浮郄→殷門→承扶→会陽→白環兪→膀胱兪→関元兪→気海兪→腎兪→三焦兪→胃兪→脾兪→胆兪→肝兪→膈兪→督兪→心兪→心兪→厥陰兪→肺兪→風門→大杼→天柱
手の少陽三焦経:関衝→液門→中渚→陽池→外関→支溝→会宗→三陽絡→四瀆→天井→清冷淵→消濼→臑会→肩髎→天髎
督脈:長強→腰兪→腰陽関→命門→懸枢→脊中→中枢→筋縮→至陽→霊台→神道→身柱→陶道→大椎→瘂門

1-1図(3)立位姿勢での前面経穴図(下から)P3
足の太陰脾経:隠白→大都→太白→公孫→商丘→三陰交→漏谷→地機→陰陵泉→血海→箕門→衝門→府舎→腹結→大横→腹哀→食竇→周栄
足の少陰腎経:横骨→気穴→四満→中注→肓兪→商曲→石関→陰都→通穀→幽門→歩廊→神封→霊墟→神蔵→彧中→兪府
手の太陰肺経:少商→魚際→太淵→経渠→列缺→孔最→尺沢→侠白→天府→雲門→中府
任脈:曲骨→中極→関元→石門→気海→陰交→神闕→水分→下脘→建里→中脘→上脘→巨闕→鳩尾→中庭→膻中→玉堂→紫宮→華蓋→璇璣→天突→廉泉→承漿

1-1図(4)立位姿勢での後面経穴図(下から)P4
足の太陽膀胱経:至陰→金門→僕参→崑崙→跗陽→飛陽→承山→承筋→合陽→委中→秩辺→胞肓→志室→肓門→胃倉→意舎→陽綱→魂門→膈関→譆→神堂→膏肓
手の太陽小腸経:少沢→前谷→後谿→腕骨→陽谷→養老→支正→小海→肩貞→臑兪→天宗→秉風→肩中兪→天窓
督脈:長強→腰兪→腰陽関→命門→懸枢→脊中→中枢→筋縮→至陽→霊台→神道→身柱→陶道→大椎

1-1図(5)立位姿勢での左側面経穴図(下から)P5
足の少陽胆経:足竅陰→侠谿→地五会→足臨泣→丘墟→懸鐘→陽輔→光明→外丘→陽交→胆嚢→陽陵泉→膝陽関→中瀆→風市→環跳
手の陽明大腸経:商陽→二間→三間→合谷→陽谿→偏歴→温溜→下廉→上廉→手三里→曲池→肘髎→手五里→臂臑→肩髃→巨骨→天鼎→扶突→禾髎→迎香
足の少陽胆経:京門→日月→輒筋→淵腋

1-1図(6)立位姿勢での右側面経穴図(下から)P6
足の少陽胆経:足竅陰→侠谿→地五会→足臨泣→丘墟→懸鐘→陽輔→光明→外丘→陽交→陽陵泉→膝陽関→中瀆→風市→環跳
手の陽明大腸経:商陽→二間→三間→合谷→陽谿→偏歴→温溜→下廉→上廉→手三里→曲池→肘髎→手五里→臂臑→肩髃→巨骨→天鼎→扶突→禾髎→迎香

第二節 エアロビの経穴図
1-2図(1)肺経と心経の経穴図(上から)P7
手の太陰肺経:少商→魚際→太淵→経渠→列缺→孔最→尺沢→侠白→天府→雲門→中府
手の少陰心経:少府→神門→陰郄→通里→霊道→少海→青霊→極泉

1-2図(2-1)大腸経と膀胱経の経穴図(上からと下から)P8
手の陽明大腸経:商陽→二間→三間→合谷→陽谿→偏歴→温溜→下廉→上廉→手三里→曲池→肘髎→手五里→臂臑→肩髃
足の太陽膀胱経:至陰→通谷→束骨→京骨→金門→申脈→僕参→崑崙→跗陽→飛陽→承山→承筋→合陽→委中→秩辺→胞肓→志室→肓門→胃倉→意舎→陽綱→魂門→膈関→譆→神堂→膏肓→魄戸→附分
(分かれた線):委陽→浮郄→殷門→承扶→会陽→下髎→中髎→次髎→上髎→白環兪→中膂内兪→膀胱兪→小腸兪→関元兪→大腸兪→気海兪→腎兪→三焦兪→胃兪→脾兪→胆兪→肝兪→膈兪→督兪→心兪→心兪→厥陰兪→肺兪→風門→大杼

1-2図(2-2)大腸経と膀胱経の頭頚部経穴図(上からと下から)P9
足の太陽膀胱経:絡却→通天→承光→五処→曲差→眉衝→攅竹→睛明
手の陽明大腸経:天鼎→扶突→禾髎→迎香

1-2図(3)胃経と心包経の経穴図(下から)P10
足の陽明胃経:厲兌→内庭→陥谷→衝陽→解谿→豊隆→下巨虚→条口→上巨虚→足三里→犢鼻→梁丘→陰市→伏兎→髀関→気衝→帰来→水道→大巨→外陵→天枢→滑肉門→太乙→関門→梁門→承満→不容→乳根→乳中→膺窓→屋翳→庫房→気戸→缺盆
手の厥陰心包経:中衝→労宮→大陵→内関→間使→郄門→曲沢→天泉→天池

1-2図(4)脾経と肝経の経穴図(下から)P11
足の太陰脾経:隠白→大都→太白→公孫→商丘→三陰交→漏谷→地機→陰陵泉→血海→箕門→衝門→府舎→腹結→大横→腹哀→食竇→天谿→胸郷→周栄→大包
足の厥陰肝経:大敦→行間→太衝→中封→蠡溝→中都→膝関→曲泉→陰包→足五里→陰廉→急脈→章門→期門

1-2図(5)小腸経と三焦経の経穴図(下から)P12
手の少陽三焦経:関衝→液門→中渚→陽池→外関→支溝→会宗→三陽絡→四瀆→天井→清冷淵→消濼→臑会→肩髎
手の太陽小腸経:少沢→前谷→後谿→腕骨→陽谷→養老→支正→小海→肩貞→臑兪→天宗→秉風→曲垣→肩外兪→肩中兪→天窓→天容→顴髎→聴宮

1-2図(6)腎経と任脈の経穴図(下から)P13
足の少陰腎経:然谷→太谿→大鐘→水泉→照海→復溜→交信→築賓→陰谷→横骨→大赫→気穴→四満→中注→肓兪→商曲→石関→陰都→通穀→幽門→歩廊→神封→霊墟→神蔵→彧中→兪府
任脈:曲骨→中極→関元→石門→陰交→神闕→水分→下脘→建里→中脘→上脘→巨闕→鳩尾→中庭→膻中→玉堂→紫宮→華蓋→璇璣→天突→廉泉→承漿

1-2図(7-1)胆経の経穴図(下から)P14
足の少陽胆経:足竅陰→侠谿→地五会→足臨泣→丘墟→懸鐘→陽輔→光明→外丘→陽交→陽陵泉→膝陽関→中瀆→風市→環跳→居髎→維道→五枢→帯脈→京門→日月→輒筋→淵腋

1-2図(7-2)胆経の経穴図(下から)P15
足の少陽胆経:風池→脳空→承霊→正営→目窓→頭臨泣→陽白→本神→完骨→頭竅陰→浮白→天衝→率谷→曲鬢→懸釐→懸顱→頷厭→上関(客主人)→聴会→瞳子髎

1-2図(8-1)督脈の経穴図(下から)P16
督脈:長強→腰兪→腰陽関→命門→懸枢→脊中→中枢→筋縮→至陽→霊台→神道→身柱→陶道→大椎→瘂門

1-2図(8-2)督脈の経穴図(下から)P17
督脈:兌端→水溝→素髎→神庭→上星→顖会

第二章 局部経穴図 P18
第一節 体幹部の経穴図
2-1図(1)体幹の前面経穴図(下中央から)
任脈:曲骨→中極→関元→石門→気海→陰交→神闕→水分→下脘→建里→中脘→上脘→巨闕→鳩尾→中庭→膻中→玉堂→紫宮→華蓋→璇璣
腎経:大赫→気穴→四満→中注→肓兪→商曲→石関→陰都→通穀→幽門→歩廊→神封→霊墟→神蔵→彧中→兪府
胃経:気衝→帰来→水道→大巨→外陵→天枢→滑肉門→太乙→関門→梁門→承満→不容→乳根→乳中→膺窓→屋翳→庫房→気戸
脾経:衝門→府舎→腹結→大横→腹哀→食竇→天谿→胸郷→周栄

2-1図(2)体幹の後面経穴図(下中央から)P19
督脈:長強→腰兪→腰陽関→命門→懸枢→脊中→中枢→筋縮→至陽→霊台→神道→身柱→陶道→大椎
足の太陽膀胱経:秩辺→胞肓→志室→肓門→胃倉→意舎→陽綱→魂門→膈関→譆→神堂→膏肓→魄戸→附分
(分かれた線):会陽→●→中髎→次髎→上髎→●→●→●→小腸兪→関元兪→大腸兪→気海兪→●→●→●→●→●→●→●→●→●→●→●→●→●

2-1図(3)体幹の左側面経穴図(上からと下から)P20
足の少陽胆経:淵腋→輒筋→日月→京門→帯脈→五枢→維道
足の厥陰肝経:章門→期門

2-1図(4)体幹の右側面経穴図(下から)P21
足の少陽胆経:維道→五枢→帯脈→京門→日月
足の厥陰肝経:章門→期門
足の太陰脾経:食竇→天谿→胸郷→周栄

2-1図(5)前胸部の経穴図(下中央から)P22
任脈:水分→下脘→建里→中脘→上脘→巨闕→鳩尾→中庭→膻中→玉堂→紫宮→華蓋→璇璣→天突
腎経:商曲→石関→陰都→通穀→幽門→歩廊→神封→霊墟→神蔵→彧中→兪府
胃経:滑肉門→太乙→関門→梁門→承満→不容→乳根→乳中→膺窓→屋翳→庫房→気戸
脾経:腹哀→食竇→天谿→胸郷→周栄

2-1図(6)腹部の経穴図(下中央から)P23
曲骨→中極→関元→石門→気海→陰交→神闕:任脈
横骨→大赫→気穴→四満→中注→肓兪:足の少陰腎経
足の陽明胃経:気衝→帰来→水道→大巨→外陵→天枢
◎子宮
衝門→府舎→腹結→大横:足の太陰脾経

2-1図(7)背部の経穴図(下中央から)P24
督脈:懸枢→脊中→中枢→筋縮→至陽→霊台→神道→身柱→陶道→大椎
◎腰1 ◎胸12 ◎胸11 ◎胸10 ◎胸9 ◎胸8 ◎胸7 ◎胸6 ◎胸5 ◎胸4 ◎胸3 ◎胸2 ◎胸1 ◎定喘
三焦兪→胃兪→脾兪→胆兪→肝兪→◎胃管下兪→膈兪→督兪→心兪→厥陰兪→肺兪→風門→大杼
足の太陽膀胱経:肓門→胃倉→意舎→陽綱→魂門→膈関→譆→神堂→膏肓→魄戸→附分
◎痞根

2-1図(8)腰仙部の経穴図(下中央から)P25
督脈:長強→◎腰奇→腰兪→◎十七椎→腰陽関→命門
◎腰5 ◎腰4 ◎腰3 ◎腰2
会陽→下髎→中髎→次髎→上髎→白環兪→中膂内兪→膀胱兪→小腸兪→関元兪→大腸兪→気海兪→腎兪
足の太陽膀胱経:秩辺→胞肓→◎腰宜→志室
◎腰眼
環跳→:足の少陽胆経:→京門

2-1図(9)胸部側面の経穴図(下中央から)P26
足の厥陰肝経:期門
足の少陽胆経:日月→輒筋→淵腋

2-1図(10)腰部側面の経穴図(下中央から)P27
足の少陽胆経:帯脈→京門
足の厥陰肝経:章門

2-1図(11)腹部の経外奇穴図P28
◎子宮 ◎子宮

2-1図(12)会陰部の経穴図(下から)P29
任脈●会陰 督脈●長強

第二節 頭頚部の経穴図
2-2図(1)頭頚部の前面経穴図(下中央からの次上中央から)P30
任脈:天突→廉泉→承漿
足の陽明胃経:缺盆→気舎→水突→人迎→大迎→×承漿→地倉→巨髎→四白→承泣
手の陽明大腸経:天鼎→扶突→×水溝→禾髎→迎香
◎印堂→素髎→水溝→兌端
攅竹→睛明
陽白 ◎魚腰
◎球後
絲竹空
瞳子髎

2-2図(2)頭頚部の後面経穴図(下中央からの次上中央から)P31
督脈:瘂門→風府→脳戸→強間→後頂→百会
足の少陽胆経:風池→脳空→承霊
天柱→玉枕→絡却:足の太陽膀胱経
完骨→頭竅陰→浮白→天衝:足の少陽胆経
天牖→翳風→瘈脈→顱息→角孫:手の少陽三焦経
手の太陽小腸経:天窓

2-2図(3)頭頚部の左側面経穴図(下中央から)P32
任脈:天突→廉泉
足の陽明胃経:缺盆→気舎→水突→人迎→承漿→地倉→巨髎→四白→承泣

大迎→頬車→下関→頭維
手の陽明大腸経:天鼎→扶突→水溝→禾髎→迎香
(中心の離れた2つ)兌端、素髎
手の太陽小腸経:天窓→天容→顴髎→聴宮
手の少陽三焦経:天牖→翳風→瘈脈→顱息→角孫→耳門→和髎→絲竹空
足の少陽胆経:風池→脳空→承霊→正営→目窓→頭臨泣→陽白→本神→完骨→頭竅陰→浮白→天衝→率谷→曲鬢→懸釐→懸顱→頷厭→上関(客主人)→聴会→瞳子髎
足の太陽膀胱経:天柱→玉枕→絡却→通天→承光→五処→曲差→眉衝→攅竹

2-2図(4)頭頚部の右側面経穴図(下中央から)P33
任脈:天突→廉泉
足の陽明胃経:缺盆→気舎→水突→人迎→承漿→地倉→巨髎→四白→承泣

大迎→頬車→下関→頭維
手の陽明大腸経:天鼎→扶突→水溝→禾髎→迎香
(中心の離れた2つ)兌端、素髎
手の太陽小腸経:天窓→天容→顴髎→聴宮
手の少陽三焦経:天牖→翳風→瘈脈→顱息→角孫→耳門→和髎→絲竹空
足の少陽胆経:風池→脳空→承霊→正営→目窓→頭臨泣→陽白→本神→完骨→頭竅陰→浮白→天衝→率谷→曲鬢→懸釐→懸顱→頷厭→上関(客主人)→聴会→瞳子髎
足の太陽膀胱経:天柱→玉枕→絡却→通天→承光→五処→曲差→眉衝→攅竹

2-2図(5)頭頂部の経穴図(上中央から)P34
督脈:後頂→百会→前頂→顖会→上星→神庭→◎印堂
足の太陽膀胱経:絡却→通天→承光→五処→曲差→眉衝
承霊→正営→目窓→頭臨泣→陽白→本神:足の少陽胆経
足の陽明胃経:頭維

2-2図(6)前頚部の経穴図(下中央から)P35
任脈:天突→廉泉
足の陽明胃経:缺盆→気舎→水突→人迎
手の陽明大腸経:天鼎→扶突

第三節 上肢部の経穴図
2-3図(1)上肢前面の経穴図(上から)P36
手の太陰肺経:天府→侠白→尺沢→孔最→列缺→太淵→魚際
手の厥陰心包経:天泉→曲沢→郄門→間使→内関→大陵→労宮→中衝
手の少陰心経:極泉→青霊→少海→霊道→少府
2-3図(2)上肢後面の経穴図(上から)P36
手の陽明大腸経:商陽→二間→三間→合谷→陽谿→偏歴→温溜→下廉→上廉→手三里→曲池→肘髎→手五里→臂臑→肩髃
手の少陽三焦経:関衝→液門→中渚→陽池→外関→会宗→三陽絡→四瀆→天井→清冷淵→消濼→臑会→肩髎
手の少陰心経:少衝
手の太陽小腸経:少沢→前谷→後谿→腕骨→陽谷→養老→支正→小海→肩貞

2-3図(3)上肢橈側の経穴図(上から)P37
手の陽明大腸経:少陽→二間→三間→合谷
少商:手の太陰肺経:孔最→尺沢→侠白→天府
2-3図(4)上肢尺側の経穴図P37
手の太陽小腸経:少沢→前谷→後谿→腕骨→陽谷→養老→支正→小海→肩貞

2-3図(5)腋窩部の経穴図(上から)P38
手の少陰心経:極泉
足の少陽胆経:淵腋→輒筋
足の太陰脾経:大包

2-3図(6)上肢前内側の経穴図(上から)P39
手の厥陰心包経:中衝→労宮→大陵→内関→間使→郄門→曲沢→天泉
手の少陰心経:少府→神門→陰郄→通里→霊道→少海→青霊→極泉
手の太陰肺経:魚際→太淵→経渠→列缺

2-3図(7)上腕前面の経穴図(上から)P40
手の太陰肺経:天府→侠白→尺沢
手の厥陰心包経:天泉→曲沢
手の少陰心経:極泉→青霊→少海
2-3図(8)上腕後面側の経穴図(上から)P40
手の陽明大腸経:曲池→肘髎→手五里→臂臑→肩髃
手の少陽三焦経:◎肘尖→天井→清冷淵→消濼→臑会→肩髎
手の太陽小腸経:小海→肩貞

2-3図(9)上腕前内側の経穴図(上から)P41
手の厥陰心包経:天泉→曲沢
手の少陰心経:極泉→青霊→少海

2-3図(10)前腕前面の経穴図(橈側から)P42
手の太陰肺経:太淵→経渠→列缺→孔最→尺沢
手の厥陰心包経:大陵→内関→間使→◎二白→郄門→曲沢
手の少陰心経:神門→陰郄→通里→霊道→少海
2-3図(11)前腕後面の経穴図(橈側から)P42
手の陽明大腸経:陽谿→偏歴→温溜→下廉→上廉→手三里→曲池
手の少陽三焦経:陽池→外関→支溝→会宗→三陽絡→四瀆→◎肘尖
手の太陽小腸経:陽谷→養老→支正→小海

2-3図(12)前腕前内側の経穴図(下から)P43
手の少陰心経:小海→霊道→通里→陰郄→神門
手の厥陰心包経:曲沢→郄門→◎二白→間使→内関→大陵
手の太陰肺経:列缺→経渠→太淵
2-3図(13)手前内側の経穴図P43
手の太陽小腸経:少沢→前谷→後谿→腕骨

2-3図(14)手掌部の経穴図(橈側下から)P44
手の太陰肺経:魚際→太淵
◎十宣
◎十宣 ◎四縫
手の厥陰心包経:中衝(十宣)→◎四縫→労宮→大陵
◎十宣 ◎四縫
◎十宣 手の少陰心経:◎四縫 少府→神門

2-3図(15)手背部の経穴図(橈側上から)P45
◎大骨空 ◎八邪1
手の陽明大腸経:商陽→二間→三間→合谷→陽谿
◎八邪2 ◎外労宮 ◎腰痛点
◎中魁 ◎中泉
◎八邪3
手の少陽三焦経:関衝→液門(八邪4)→中渚→◎腰痛点→陽池
手の少陰心経:少衝
◎小骨空
手の太陽小腸経:少沢→前谷→後谿→腕骨→陽谷

第四節 下肢部の経穴図
2-4図(1)下肢前面の経穴図P46
足の陽明胃経:厲兌→内庭→陥谷→衝陽→解谿→豊隆→下巨虚→条口→上巨虚→◎闌尾→足三里→犢鼻→梁丘→陰市→伏兎→髀関
◎内膝眼 ◎鶴頂 ◎髖骨 ◎髖骨

2-4図(2)下肢後部の経穴図(下から)P47
足の太陽膀胱経:至陰→通谷→京骨→金門→申脈→僕参→崑崙→跗陽→飛陽→承山→承筋→合陽→委中→委陽→浮郄→殷門→承扶
◎外踝尖
陽交:足の少陽胆経
足の少陰腎経:陰谷

2-4図(3)下肢内側面の経穴図(下から)P48
足の厥陰肝経:大敦→行間→太衝→中封→蠡溝→中都→膝関→曲泉→陰包→足五里→陰廉
足の太陰脾経:隠白→大都→太白→公孫→商丘→三陰交→漏谷→地機→陰陵泉→◎内膝眼→血海→箕門
足の少陰腎経:然谷→太谿→大鐘→水泉→照海→復溜→交信→築賓→陰谷
◎内踝尖

2-4図(4)下肢外側面の経穴図(下から)P49
足の太陽膀胱経:至陰→通谷→束骨→京骨→金門→申脈→僕参→崑崙→跗陽→飛陽
足の少陽胆経:足竅陰→侠谿→地五会→足臨泣→丘墟→懸鐘→陽輔→光明→外丘→陽交→◎胆嚢→陽陵泉→膝陽関→中瀆→風市→環跳→居髎
◎外踝尖

2-4図(5)大腿前面の経穴図(下から)P50
足の陽明胃経:犢鼻→梁丘→陰市→伏兎→髀関
◎内膝眼 ◎鶴頂 ◎髖骨 ◎髖骨

2-4図(6)大腿後面の経穴図(下から)P51
足の太陽膀胱経:委中→委陽→浮郄→殷門→承扶

2-4図(7)大腿前内側面の経穴図(下後ろから)P52
足の少陰腎経:陰谷
足の厥陰肝経:曲泉→陰包→足五里→陰廉
足の太陰脾経:血海→箕門

2-4図(8)大腿外側面の経穴図(下から)P53
足の少陽胆経:膝陽関→中瀆→風市→環跳→居髎

2-4図(9)下腿前面の経穴図P54
足の陽明胃経:解谿→豊隆→下巨虚→条口→上巨虚→◎闌尾→足三里→犢鼻
2-4図(10)下腿後面の経穴図P54
足の太陽膀胱経:跗陽→飛陽→承山→承筋→合陽→委中→委陽
陰谷

2-4図(11)下腿内側面の経穴図(上から)P55
足の厥陰肝経:大敦→行間→太衝→中封→蠡溝→中都→膝関
足の太陰脾経:隠白→大都→太白→公孫→商丘→三陰交→漏谷→地機→陰陵泉
足の少陰腎経:然谷→太谿→大鐘→水泉→照海→復溜→交信→築賓→陰谷
◎内踝尖

2-4図(12)下腿外側面の経穴図(上から)P55
足の少陽胆経:足竅陰→侠谿→地五会→足臨泣→丘墟→懸鐘→陽輔→光明→外丘→陽交→◎胆嚢→陽陵泉→膝陽関
足の太陽膀胱経:至陰→束骨→金門→申脈→僕参→崑崙→跗陽→飛陽→委中
◎外踝尖

2-4図(13)足背面の経穴図(親指側から)P56
足の厥陰肝経:大敦→行間→太衝→中封
足の陽明胃経:厲兌→内庭→陥谷→衝陽→解谿
◎八風3
足の少陽胆経:足竅陰→侠谿→地五会→足臨泣→丘墟
2-4図(14)下腿外側面の経穴図(下から)P56
足の少陰腎経:湧泉
◎気端 ◎気端 ◎独陰 ◎気端 ◎気端 ◎気端

2-4図(15)足内側面の経穴図(上から)P57
足の厥陰肝経:大敦→行間→太衝→中封
足の太陰脾経:隠白→大都→太白→公孫→商丘
足の少陰腎経:然谷→太谿→大鐘→水泉→照海
2-4図(16)足外側面の経穴図(上から)P57
足の少陽胆経:足竅陰→侠谿→地五会→足臨泣→丘墟
足の太陽膀胱経:至陰→通谷→束骨→京門→金門→申脈→僕参→崑崙
◎外踝尖

第五節 耳鍼の穴位図
2-5図(1)耳介内側面の穴位図P58
書きようがないので、図に合わせて別紙に記載。

2-5図(2)耳介外側面の穴位図P59
書きようがないので、図に合わせて別紙に記載。

第三章 経脈に沿った経穴の断面図(矢状断面-左側)P60
3-1図(1)任脈と督脈の経穴図(頭、頚、体幹部)(右下から)
曲骨・中極・関元・石門・気海・陰交・神闕・水分・下脘・建里・中脘・上脘・巨闕・鳩尾・中庭・膻中・玉堂・紫宮・華蓋・璇璣・天突・廉泉・承漿・兌端・水溝・素髎・神庭・上星・顖会・前頂・百会・後頂・強間・脳戸・風府・瘂門・大椎・陶道・身柱・神道・霊台・至陽・筋縮・中枢・脊中・懸枢・命門・腰陽関・腰兪・長強

3-1図(2)任脈と督脈の経穴図(上部)(右下から)P61
中庭・膻中・玉堂・紫宮・華蓋・璇璣・天突・廉泉・承漿・兌端・水溝・素髎・神庭・上星・顖会・前頂・百会・後頂・強間・脳戸・風府・瘂門・大椎・陶道・身柱・神道・霊台・至陽

3-1図(3)任脈と督脈の経穴図(下部)(右下から)P62
曲骨・中極・関元・石門・気海・陰交・神闕・水分・下脘・建里・中脘・上脘・巨闕・鳩尾・筋縮・中枢・脊中・懸枢・命門・腰陽関・腰兪・長強

3-2図(1)腎経の腹部の経穴図(前正中線の傍ら0.5寸)(下から)P63
横骨・大赫・気穴・四満・中注・肓兪・商曲・石関・陰都・通穀・幽門

3-2図(2)腎経の経穴図(上部)(下から)P64
商曲・石関・陰都・通穀・幽門

3-2図(3)腎経の経穴図(下部)(下から)P65
横骨・大赫・気穴・四満・中注・肓兪

3-3図(1)胸部は腎経、腹部は胃経の経穴図(前正中線の傍ら2寸)(下から)P66
気衝・帰来・水道・大巨・外陵・天枢・滑肉門・太乙・関門・梁門・承満・不容・歩廊・神封・霊墟・神蔵・彧中・兪府

3-3図(2)腎経の経穴図(胸部)(下から)P67
歩廊・神封・霊墟・神蔵・彧中・兪府

3-3図(3)胃経の経穴図(腹部)(下から)P68
気衝・帰来・水道・大巨・外陵・天枢・滑肉門・太乙・関門・梁門・承満・不容

3-4図(1)胸部は胃経、腹部は脾経の経穴図(前正中線の傍ら4寸)(下から)P69
衝門・府舎・腹結・大横・腹哀・乳根・乳中・膺窓・屋翳・庫房・気戸

3-4図(2)胃経の経穴図(胸部)(下から)P70
乳根・乳中・膺窓・屋翳・庫房・気戸

3-4図(3)脾経の経穴図(腹部)(下から)P71
衝門・府舎・腹結・大横・腹哀

3-5図(1)膀胱経の経穴図1(後正中線の傍ら1.5寸)(下から)P72
白環兪・中膂内兪・膀胱兪・小腸兪・関元兪・大腸兪・気海兪・腎兪・三焦兪・胃兪・脾兪・胆兪・肝兪・膈兪・督兪・心兪・厥陰兪・肺兪・風門・大杼

3-5図(2)膀胱経の経穴図1(上部)(下から)P73
胃兪・脾兪・胆兪・肝兪・膈兪・督兪・心兪・厥陰兪・肺兪・風門・大杼

3-5図(3)膀胱経の経穴図1(下部)(下から)P74
白環兪・中膂内兪・膀胱兪・小腸兪・関元兪・大腸兪・気海兪・腎兪・三焦兪

3-6図(1)膀胱経の経穴図2(後正中線の傍ら3寸)(下から)P75
秩辺・胞肓・志室・肓門・胃倉・意舎・陽綱・魂門・膈関・譆・神堂・膏肓・魄戸・附分

3-6図(2)膀胱経の経穴図2(上部)(下から)P76
胃倉・意舎・陽綱・魂門・膈関・譆・神堂・膏肓・魄戸・附分

3-6図(3)膀胱経の経穴図2(下部)(下から)P77
秩辺・胞肓・志室・肓門

第四章 頭、頚、体幹の経穴断面図(水平断面)P78
第一節 頭頚部の経穴断面
4-1図(1)睛明穴の水平断面図

睛明(足の太陽膀胱経)
【体表部位】閉眼して、内眼角の上0.1寸。
【刺鍼法】閉眼させ、左手で眼球を外側に推して固定し、鍼尖を眼窩の縁に沿わせて徐々に刺入する。0.3~0.5寸。
【主治】結膜炎、近視、遠視、乱視、色盲、視神経炎、網膜炎、緑内障、若年白内障、角膜白斑、翼状片、顔面神経麻痺、流涙。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3眼輪筋→4内側直筋と篩骨眼窩板の間に刺入する
【注意事項】85個の頭蓋骨を測定したデータによると、刺鍼深度が19mmに達したとき、鍼尖が前篩骨動脈や篩骨静脈を刺傷する可能性があり、深度が32mmを超えたとき鼻側の脈絡膜動脈か虹彩動脈小環を刺傷する可能性、深度が50mmを超えると視神経孔内を通っている視神経と眼動脈を刺傷する可能性、深度が51mmを超えると海綿静脈洞や三層になっている脳膜、および大脳の側頭葉を刺傷する恐れがある。
右睛明穴の水平断面分解図

4-1図(2)上関穴の水平断面図P79

上関(足の少陽胆経)
【体表部位】耳の前で、頬骨弓の上縁。下関穴の直上を取穴する。
【刺鍼法】直刺で0.5~0.8寸。
【主治】耳鳴り、難聴、中耳炎、歯痛、牙関緊急、顔面神経麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3側頭筋。
右上関穴の水平断面分解図

4-1図(3)鼻通穴の水平断面図P80

鼻通(奇穴)
【体表部位】鼻唇溝の上端が尽きるところ。
【刺鍼法】平刺(横刺)で0.3~0.5寸。
【主治】鼻炎、鼻詰まり、鼻のデキモノ、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎、萎縮性鼻炎、副鼻腔炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3上唇鼻翼挙筋。
右鼻通穴の水平断面分解図

4-1図(4)迎香穴の水平断面図P81

迎香(手の陽明大腸経)
【体表部位】鼻唇溝の上段で、鼻翼の中部と水平。鼻孔の傍ら0.5寸。
【刺鍼法】鼻通穴へ向けて0.5~0.8寸の透刺するか、四白穴へ向けて0.5~1寸の透刺するか、0.3~0.5寸と直刺する。
【主治】鼻炎、副鼻腔炎、顔面神経麻痺、胆道蛔虫症。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3上唇挙筋→4鍼尖は上顎骨に達する。
右迎香穴の水平断面分解図

4-1図(5)翳明穴の水平断面図P82

翳明(奇穴)
【体表部位】翳風穴の後ろ1寸。
【刺鍼法】直刺で0.5~1寸。
【主治】近視、遠視、若年白内障、精神分裂症、耳鳴り、失語、頭痛、めまい。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸鎖乳突筋→4頭板状筋→5頭最長筋
【注意事項】鍼の後方には深頚動脈と深頚静脈があり、深部には椎骨動脈があるので、刺入時には適切な深度を把握し、刺入が深すぎて損傷することのないようにする。
右翳明穴の水平断面分解図

4-1図(6)地倉穴の水平断面図P83

地倉(足の陽明胃経)
【体表部位】口角の外側より0.4寸外。
【刺鍼法】0.5~0.8寸に斜刺。
【主治】顔面神経麻痺、三叉神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3口輪筋→4頬筋
右地倉穴の水平断面分解図

4-1図(7)風府と風池穴の水平断面図P84

風府(督脈)
【体表部位】後頚部の正中で、後髪際の上1寸。
【刺鍼法】直刺するか、やや下に向けて斜刺で0.5~1寸。
【主治】後頚部のこわばった痛み、四肢の痺れ、インフルエンザ、脳卒中、精神分裂症。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋腱→4頭半棘筋→5項靭帯→6小後頭直筋→7大後頭直筋
【注意事項】1.5寸以上に刺入すると、小脳や延髄、後下小脳動脈を損傷し、重大な事故につながる。

風池(足の少陽胆経)
【体表部位】外後頭隆起の直下で、風府の両側にある陥凹。僧帽筋と胸鎖乳突筋の間を取穴する。
【刺鍼法】直刺するか、斜刺なら対側の内眼角に向けて0.5~1寸。
【主治】インフルエンザ、めまい、頭痛、後頚部のこわばった痛み、眼疾患、鼻炎、耳鳴り、難聴、高血圧、癲癇、片麻痺、脳の疾患。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋と胸鎖乳突筋の間を通過→4頭板状筋→5頭半棘筋→6鍼の内側は大後頭直筋→7鍼の外側は上頭斜筋
【注意事項】対側の外眼角に向けて1.5寸以上刺入すると、脊髄上端か延髄下端を刺傷する可能性があり、生命に関わる事故につながりかねない。
風府穴と風池穴の水平断面分解図

4-1図(8)天容穴の水平断面図P85

天容(手の太陽小腸経)
【体表部位】頚の外側上部で、胸鎖乳突筋の前。下顎角の後方にある陥凹。
【刺鍼法】直刺で、0.5~0.8寸。
【主治】扁桃炎、咽頭喉頭炎、頚部のこわばった痛み、喘息。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3顔面動脈→4顎二腹筋と茎突舌骨筋
【注意事項】深部には外頚動脈があるので、深すぎないよう刺入する。
右天容穴の水平断面分解図

4-1図(9)廉泉穴の水平断面図P86

廉泉(任脈)
【体表部位】頚部の正中線上で、甲状軟骨の上方で、舌骨の上縁。
【刺鍼法】直刺で、0.3~0.5寸。
【主治】気管支喘息、気管支炎、扁桃炎、嗄声、舌筋の麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3鍼は、左右の顎二腹筋の前腹間を通過する→4顎舌骨筋→5おとがい舌骨筋
廉泉穴の水平断面分解図

4-1図(10)人迎穴と扶突穴の水平断面図P87

人迎(足の陽明胃経)
【体表部位】頚部の頚動脈三角内にある。すなわち胸鎖乳突筋の前縁で、喉頭隆起の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】総頚動脈を避けて、0.3~0.4寸に直刺する。
【主治】高血圧、喘息、甲状腺腫、咽喉の腫痛、発声困難。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織と広頚筋→3頚の固有筋層の浅層と胸鎖乳突筋→4頚の固有筋層の深層→5咽頭収縮筋
【注意事項】深部には、上甲状腺動脈と上甲状腺静脈、そして総頚動脈があるので、深すぎる刺入はしない。

扶突(手の陽明大腸経)
【体表部位】頚の側面部で、喉頭隆起の傍ら3寸。胸鎖乳突筋の前腹と後腹の間。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】嗄声、咽喉の腫痛、嚥下困難。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸鎖乳突筋→4深部は頚部血管鞘の後壁
【注意事項】深部には頚部血管鞘の後壁があり、内部に総頚動脈と内頚静脈、迷走神経があるので、深すぎないよう刺入する。
右人迎穴と扶突穴の水平断面分解図

4-1図(11)承泣穴と四白穴の矢状断面図P88

右の承泣と四白の矢状断面分解図
承泣(足の陽明胃経)
【体表部位】正視させ、瞳孔の直下。眼球と眼窩下縁の間。
【刺鍼法】眼窩下縁に密着させて、ゆっくりと0.3~0.5寸に直刺する。
【主治】急性や慢性の結膜炎、近視、色盲、緑内障、視神経炎、視神経萎縮、白内障、角膜炎、網膜色素変性。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3眼輪筋→4眼窩脂肪体→5下斜筋
【注意事項】提插および深刺すると、眼動脈や眼静脈の分枝を刺傷して血腫を起こす恐れがある。

四白(足の陽明胃経)
【体表部位】瞳孔の直下1寸。眼窩下孔に相当する。
【刺鍼法】直刺で、0.2~0.3寸。
【主治】顔面神経麻痺と顔面痙攣、三叉神経痛、角膜炎、副鼻腔炎、胆道蛔虫症。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3眼輪筋と上唇挙筋→4眼窩下孔と上顎骨

第二節 体幹部の経穴断面
4-2図(1)雲門穴の水平断面図P89

雲門(手の太陰肺経)
【体表部位】鎖骨の外下方で、前正中線の傍ら6寸。肩甲骨烏口突起の内側陥凹部。
【刺鍼法】直刺で、0.5寸。
【主治】咳嗽、胸痛、胸悶、喘息、肩関節周囲炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3三角筋→4烏口鎖骨靭帯
右雲門の水平断面分解図

4-2図(2)天突穴の水平断面図P90

天突(任脈)
【体表部位】前正中線で、胸骨上窩の正中にある陥凹。
【刺鍼法】まず0.2~0.3寸ほど切皮し、そのあと胸骨柄後縁と気管前縁の間を、ゆっくりと下に向けて、胸骨柄に沿わせ0.5~1寸刺入する。
【主治】気管支喘息、気管支炎、咽頭喉頭炎、甲状腺腫、横隔膜痙攣(シャックリ)、神経性嘔吐、食道痙攣、声帯の疾患。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3左右の胸鎖乳突筋腱の間に切皮→4胸骨の頚静脈切痕の上方を通過→5左右の胸骨甲状筋
天突穴の水平断面分解図

4-2図(3)庫房穴の水平断面図P91

庫房(足の陽明胃経)
【体表部位】鎖骨中線で第1肋間。華蓋穴の傍ら4寸。
【刺鍼法】内に向けて0.3~0.4寸に斜刺する。
【主治】気管支炎、肋間神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大胸筋→4小胸筋
【注意事項】刺入が深すぎたり、鍼尖の方向が間違っていると、腋窩静脈を刺傷して出血させたり、肋間筋→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を損傷し、気胸を起こす。
右庫房穴の水平断面分解図

4-2図(4)周栄穴の水平断面図P92

周栄(足の太陰脾経)
【体表部位】第2肋間で、前正中線の傍ら6寸。
【刺鍼法】0.5寸ほど平刺(横刺)するか、外に向けて斜刺する。
【主治】肋間神経痛、胸膜炎、肺膿瘍、気管支拡張症。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大胸筋→4小胸筋
【注意事項】刺入が深すぎれば、外肋間筋→内肋間筋→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を損傷し、気胸を起こす。
右周栄穴の水平断面分解図

4-2図(5)神蔵穴の水平断面図P93

神蔵(足の少陰腎経)
【体表部位】紫宮穴の傍ら2寸で、第2肋間。
【刺鍼法】平刺(横刺)か斜刺で0.2~0.3寸。
【主治】気管支炎、嘔吐、肋間神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大胸筋→4肋骨靭帯と内肋間筋
【注意事項】刺入が深すぎれば、壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を損傷し、気胸を起こす。
右神蔵穴の水平断面分解図

4-2図(6)膺窓穴の水平断面図P94

膺窓(足の陽明胃経)
【体表部位】鎖骨中線の第3肋間隙。玉堂穴の傍ら4寸。
【刺鍼法】0.2~0.3寸の直刺か、内に向けて0.3~0.5寸に斜刺する。
【主治】気管支炎、乳腺炎、喘息、肋間神経痛、腸鳴や下痢(腹瀉)。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大胸筋
【注意事項】刺入が深すぎれば、外肋間筋→内肋間筋→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を損傷し、気胸を起こす。
右膺窓穴の水平断面分解図

4-2図(7)膻中穴の水平断面図P95

膻中(任脈)
【体表部位】前正中線で、玉堂潔の下1.6寸。両乳頭の中間に当たる。
【刺鍼法】平刺(横刺)で、0.2~0.3寸。
【主治】気管支喘息、気管支炎、胸痛、乳腺炎、乳汁過少、肋間神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3左右の大胸筋の間に刺入→4深部は胸骨体
膻中穴の水平断面分解図

4-2図(8)歩廊穴の水平断面図P96

歩廊(足の少陰腎経)
【体表部位】中庭穴の傍ら2寸で、第5肋間。
【刺鍼法】平刺(横刺)か斜刺で、0.3寸ほど刺入。
【主治】胸膜炎、肋間神経痛、鼻炎、胃炎、気管支炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大胸筋
【注意事項】刺入が深すぎると、右側の穴位では外肋間筋→内肋間筋→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を損傷し、気胸を起こす。左側の穴位では臓側胸膜のあと、心嚢を貫いて左心室を刺傷する。
右歩廊穴の水平断面分解図

4-2図(9)鳩尾穴の水平断面図P97

【体表部位】上腹部にある。前正中線で、胸骨剣結合部の下1寸。
【刺鍼法】下へ向けて0.5~1寸に斜刺する。
【主治】狭心症、癲癇、シャックリ、精神分裂症、喘息。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3白線または腹直筋、腹直筋鞘。
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖が横隔膜や壁側腹膜を貫いて、横隔膜下腔の間隙に進入する。1.2寸に深刺すれば、肝臓を刺傷する恐れがあり、それに提插や捻転が加わると、さらにひどい事故につながる。
鳩尾穴の水平断面分解図

4-2図(10)巨闕穴の水平断面図P98

巨闕(任脈)
【体表部位】上腹部にある。前正中線上で、臍中の上6寸。
【刺鍼法】0.5~1寸に直刺する。
【主治】精神分裂症、癲癇、狭心症、胃痛、嘔吐、横隔膜痙攣(シャックリ)、胆道蛔虫症、慢性肝炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3白線
【注意事項】刺入が深すぎると、内腹斜筋膜→腹腔外筋膜→壁側腹膜を突き破る。そして1寸以上に深刺すると、胃を貫く恐れがあり、それに提插や捻転が加われば、さらに胃を損傷する。
巨闕穴の水平断面分解図

4-2図(11)上脘穴の水平断面図P99

上脘(任脈)
【体表部位】上腹部にある。前正中線上で、臍中の上5寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~0.8寸。
【主治】急性胃炎、胃拡張、胃痙攣、噴門痙攣。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】刺入が深すぎると、壁側腹膜を貫いて腹腔に鍼尖が進入する。そして1寸以上に深刺すれば、左肝葉を貫く恐れがあり、それに提插や捻転が加われば、ひどく肝を損傷する。

4-2図(12)中脘穴の水平断面図P100

中脘(任脈)
【体表部位】上腹部にある。前正中線上で、臍中の上4寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】急性や慢性の胃炎、胃潰瘍、胃下垂、急性腸閉塞、胃痛、嘔吐、腹部の膨満感(腹脹)、下痢(腹瀉)。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は壁側腹膜を貫いて腹腔に進入する。そして1寸以上に深刺すれば、胃壁を貫く恐れがあり、さらに提插や捻転が加われば、胃の損傷がひどくなる。
中脘穴の水平断面分解図

4-2図(13)建里穴の水平断面図P101

建里(任脈)
【体表部位】上腹部にある。前正中線上で、臍中の上3寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】急性や慢性の胃炎、狭心症、腹水、腸鳴、腹痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3白線。
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は腹横筋膜→腹腔外筋膜→壁側腹膜を貫いて、腹腔に進入し、横行結腸や小腸を損傷する。それに提插や捻転が加われば、さらにひどく損傷する。
建里穴の水平断面分解図

4-2図(14)下脘穴の水平断面図P102

下脘(任脈)
【体表部位】上腹部にある。前正中線上で、臍中の上2寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】消化不良、胃痛、胃下垂、下痢(腹瀉)。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は壁側腹膜を貫いて腹腔に進入する。そして1寸以上に深刺すれば、胃の下縁や横行結腸を貫く恐れがあり、そのうえ提插や捻転が加われば、さらに損傷がひどくなる。
下脘穴の水平断面分解図

4-2図(15)水分穴の水平断面図P103

水分(任脈)
【体表部位】上腹部にある。前正中線上で、臍中の上1寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】腹水、嘔吐、下痢(腹瀉)、腎炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は壁側腹膜を貫いて腹腔に進入する。そして1寸以上に深刺すれば、横行結腸を貫く恐れがあり、そのうえ提插や捻転が加われば、さらに損傷がひどくなる。
水分穴の水平断面分解図

4-2図(16)天枢穴の水平断面図P104

天枢(足の陽明胃経)
【体表部位】前腹部にある。臍中の傍ら2寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~0.8寸。
【主治】腸炎、細菌性下痢、腸麻痺、腹膜炎、腸の回虫症、子宮内膜炎、便秘、腹痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋と腹直筋鞘。
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は壁側腹膜を貫いて腹腔に進入する。それでも刺入を続けて1寸以上に深刺すれば、小腸を貫く恐れがある。さらに提插や捻転が加えれば、さらにひどく損傷する。
天枢穴の矢状断面分解図

4-2図(17)睛明穴の水平断面図P105

陰交(任脈)
【体表部位】下腹部にある。前正中線上で、臍中の下1寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5寸。
【主治】生理不順、過多月経、帯下、水腫、仙痛、子宮脱や子宮下垂。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】直刺で刺入が深すぎると、鍼尖は壁側腹膜を貫いて腹腔に進入する。そして1寸以上に深刺すれば、空腸や回腸を貫く恐れがあり、そのうえ提插や捻転が加われば、さらに損傷がひどくなる。
陰交穴の水平断面分解図

4-2図(18)気海穴の水平断面図P106

気海(任脈)
【体表部位】下腹部にある。前正中線上で、臍中の下1.5寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】神経衰弱、腹部の膨満感(腹脹)、腹痛、生理不順、生理痛、腸麻痺、遺尿、尿貯溜、遺精、インポテンツ。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】直刺で刺入が深すぎると、鍼尖は壁側腹膜を貫いて腹腔に進入する。そして1寸以上に深刺すれば空腸や回腸を貫く恐れがあり、さらに深度が2.5寸を超えると鍼尖が腹大動脈を貫く恐れがあり、そのうえ提插や捻転が加われば、損傷もひどくなる。
気海穴の水平断面分解図

4-2図(19)石門穴の水平断面図P107

石門(任脈)
【体表部位】下腹部にある。前正中線上で、臍中の下2寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】過多月経、無月経症、水腫、尿貯溜、乳腺炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】直刺で刺入が深すぎると、鍼尖は内腹斜筋膜→腹腔外筋膜→壁側腹膜を貫いて腹腔に達し、そのうえ深刺を続けると空腸を刺傷する。さらに提插や捻転を加えるとひどく損傷する。
石門穴の水平断面分解図

4-2図(20)関元穴の水平断面図P108

関元(任脈)
【体表部位】下腹部にある。前正中線上で、臍中の下3寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】腹痛、下痢(腹瀉)、赤痢、尿路感染、骨盤炎症性疾患、機能性子宮出血、子宮脱や子宮下垂、遺精、インポテンツ、遺尿。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】垂直に深刺すると、鍼尖が小腸を刺傷する恐れがある。
関元穴の水平断面分解図

4-2図(21)中極穴の水平断面図P199

中極(任脈)
【体表部位】下腹部にある。前正中線上で、臍中の下4寸。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】遺精、遺尿、頻尿、尿貯溜、インポテンツ、早漏、生理不順、帯下が多い、女性の不妊症、尿路感染、骨盤炎症性疾患、生理痛、坐骨神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】直刺で刺入が深すぎると、鍼尖は内腹斜筋膜→腹腔外筋膜→壁側腹膜を貫いて腹腔に達し、そのうえ深刺を続けると回腸を刺傷する。さらに提插や捻転を加えるとひどく損傷する。
中極穴の水平断面分解図

4-2図(22)曲骨穴の水平断面図P110

曲骨(任脈)
【体表部位】下腹部にある。前正中線上で、恥骨結合上縁の中点。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】生理不順、子宮脱や子宮下垂、膀胱炎、睾丸炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3錐体筋、腹直筋、腹直筋鞘、白線。
【注意事項】直刺で刺入が深すぎると、鍼尖は内腹斜筋膜→腹腔外筋膜→壁側腹膜を貫いて腹腔に達し、そのうえ深刺を続けると回腸や膀胱尖を刺傷する。さらに提插や捻転を加えると損傷がひどくなる。
曲骨穴の水平断面分解図

4-2図(23)大椎穴の水平断面図P111

大椎(督脈)
【体表部位】第7頚椎棘突起下の陥凹。
【刺鍼法】斜刺で、0.5~0.8寸。
【主治】発熱、中暑(日射病)、癲癇、精神分裂症、肺結核。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4棘上靭帯→5棘間靭帯
【注意事項】刺入が深すぎると脊柱管に進入し、脊髄に当たると触電感がある。そこで提插や捻転を加えると、鍼尖が脊髄を損傷して重大な事故につながる。
大椎穴の矢状断面分解図

4-2図(24)肺兪穴の水平断面図P112

肺兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第3胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】気管支炎、喘息、肺炎、肺結核、胸膜炎、自汗、盗汗。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4菱形筋→5脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜を貫いて胸腔に達し、さらに深刺を続けると臓側胸膜を貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左肺兪穴の矢状断面分解図

4-2図(25)厥陰兪穴の水平断面図P113

厥陰兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第4胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5~0.8寸。
【主治】リウマチ性心疾患、神経衰弱、肋間神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4菱形筋→5脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左厥陰兪穴の矢状断面分解図

4-2図(26)心兪穴の水平断面図P114

心兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第5胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】神経衰弱、肋間神経痛、リウマチ性心疾患、心房細動、頻脈、精神分裂症、癲癇、ヒステリー。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左心兪穴の矢状断面分解図

4-2図(27)督兪穴の水平断面図P115

督兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第6胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】心内膜炎、心外膜炎、腹痛、腸鳴、横隔膜痙攣(シャックリ)、乳腺炎、そう痒症、乾癬。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左督兪穴の矢状断面分解図

4-2図(28)膈兪穴の水平断面図P116

膈兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第7胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】貧血、慢性出血性疾患、横隔膜痙攣(シャックリ)、神経性嘔吐、ジンマシン、リンパ節結核、食道狭窄。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4広背筋→5脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左膈兪穴の矢状断面分解図

4-2図(29)胃管下兪穴の水平断面図P117

胃管下兪(奇穴)
【体表部位】第8胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】胃痛、膵臓炎、嘔吐、胸脇痛、咳嗽、のどがイガイガする。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4広背筋→5脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左胃管下兪穴の矢状断面分解図

4-2図(30)肝兪穴の水平断面図P118

肝兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第9胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】肝炎、胆嚢炎、胃痛、眼疾患、肋間神経痛、神経衰弱、生理不順。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4広背筋→5脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左肝兪穴の矢状断面分解図

4-2図(31)胆兪穴の水平断面図P119

胆兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第10胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】肝炎、胆嚢炎、胃痛、胆道蛔虫症、リンパ節結核、腹部の膨満感(腹脹)、胸脇痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4広背筋→5脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左胆兪穴の矢状断面分解図

4-2図(32)脾兪穴の水平断面図P120

脾兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第11胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】胃炎、潰瘍性疾患、胃下垂、神経性嘔吐、消化不良、肝炎、腸炎、貧血、肝臓や脾臓の肥大、慢性出血性疾患、子宮脱や子宮下垂、ジンマシン、肢体の脱力感。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3僧帽筋→4広背筋→5脊柱起立筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は肋間の軟部組織→壁側胸膜→胸腔→臓側胸膜と貫いて肺を刺傷し、気胸を起こす。
左脾兪穴の矢状断面分解図

4-2図(33)胃兪穴の水平断面図P121

胃兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第12胸椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】斜刺で、0.5寸。
【主治】胃痛、胃炎、胃拡張、胃下垂、潰瘍性疾患、膵臓炎、肝炎、腸炎、食欲不振、不眠、腰背痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜と広背筋腱膜→4脊柱起立筋
【注意事項】穴位の深部は後腹壁になる。肝臓や腎臓なども近くにあるので、深すぎる刺入はよくない。
左胃兪穴の矢状断面分解図

4-2図(34)三焦兪穴の水平断面図P122

三焦兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第1腰椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】少し内側に向けた斜刺で、1~2寸。
【主治】胃炎、腸炎、腎炎、腹水、尿貯溜、遺尿、神経衰弱、腰痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜と広背筋腱膜→4脊柱起立筋
【注意事項】穴位の深部は後腹壁になる。肝臓や腎臓なども近くにあるので、深すぎる刺入はよくない。
左三焦兪穴の矢状断面分解図

4-2図(35)腎兪穴の水平断面図P123

腎兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第2腰椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】少し内側に向けた斜刺で、1~2寸。
【主治】腎炎、腎仙痛、腎下垂、腰痛、遺精、インポテンツ、生理不順、喘息、耳鳴り、難聴、貧血、腰部の軟組織損傷、小児麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜と広背筋腱膜→4脊柱起立筋
【注意事項】穴位の深部は後腹壁になる。肝臓や腎臓なども近くにあるので、深すぎる刺入はよくない。
左腎兪穴の矢状断面分解図

4-2図(36)気海兪穴の水平断面図P124

気海兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第3腰椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】少し内側に向けた斜刺で、1~2寸。
【主治】腰背痛、痔、生理不順、機能性子宮出血、下肢の麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜と広背筋腱膜→4脊柱起立筋
左気海兪穴の矢状断面分解図

4-2図(37)大腸兪穴の水平断面図P125

大腸兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第4腰椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】直刺で、1~2寸。少し外側に向けた斜刺で、2~3寸。
【主治】腰腿痛(大腿神経痛や坐骨神経痛)、ギックリ腰、仙腸関節の痛み、腸炎、細菌性下痢、便秘。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜と広背筋腱膜→4脊柱起立筋
左大腸兪穴の矢状断面分解図

4-2図(38)関元兪穴の水平断面図P126

関元兪(足の太陽膀胱経)
【体表部位】第5腰椎棘突起下の傍ら1.5寸。
【刺鍼法】直刺で、1~2寸。少し外側に向けた斜刺で、2~3寸。
【主治】慢性腸炎、腰痛、糖尿病、貧血、慢性骨盤炎症性疾患、膀胱炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜と広背筋腱膜→4脊柱起立筋
左関元兪穴の矢状断面分解図

4-2図(39)上髎穴の水平断面図P127

上髎(足の太陽膀胱経)
【体表部位】仙骨部で、第1仙椎棘突起下の傍ら1寸。
【刺鍼法】直刺で、1~2寸。
【主治】腰仙関節の疾病、坐骨神経痛、生理不順、難産、帯下が多い、慢性骨盤炎症性疾患、睾丸炎、下肢の麻痺、小児麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜の浅層→4脊柱起立筋
【注意事項】1.2寸以上に深刺すると、鍼尖が第1後仙骨孔に進入して、第1仙骨神経後枝と第1仙骨神経本幹に当たる。もし第1仙骨神経の本幹に当たれば、強い触電感が下肢に向けて放散する。
右上髎穴の水平断面分解図

4-2図(40)次髎穴の水平断面図P128

次髎(足の太陽膀胱経)
【体表部位】仙骨部で、第2仙椎棘突起下の傍ら1寸。
【刺鍼法】直刺で、1~2寸。
【主治】腰仙関節の疾病、坐骨神経痛、生理不順、難産、帯下が多い、慢性骨盤炎症性疾患、睾丸炎、下肢の麻痺、小児麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3胸腰筋膜の浅層→4脊柱起立筋
【注意事項】1.2寸以上に深刺すると、鍼尖が第2後仙骨孔に進入して、第2仙骨神経後枝と第2仙骨神経本幹に当たる。もし第2仙骨神経の本幹に当たれば、強い触電感が下肢に向けて放散する。
右次髎穴の水平断面分解図

4-2図(41)中髎穴の水平断面図P129

中髎(足の太陽膀胱経)
【体表部位】仙骨部で、第3仙椎棘突起下の傍ら1寸。
【刺鍼法】直刺で、1~2寸。
【主治】腰仙関節の疾病、坐骨神経痛、生理不順、難産、帯下が多い、慢性骨盤炎症性疾患、睾丸炎、下肢の麻痺、小児麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大臀筋の内側縁→4胸腰筋膜の浅層→5脊柱起立筋の起始部。
【注意事項】1.2寸以上に深刺すると、鍼尖が第3後仙骨孔に進入して、第3仙骨神経後枝と第3仙骨神経本幹に当たる。もし第3仙骨神経の本幹に当たれば、強い触電感が下肢に向けて放散する。
右中髎穴の水平断面分解図

4-2図(42)下髎穴の水平断面図P130

下髎(足の太陽膀胱経)
【体表部位】仙骨部で、第4仙椎棘突起下の傍ら1寸。
【刺鍼法】直刺で、1~2寸。
【主治】腰仙関節の疾病、坐骨神経痛、生理不順、難産、帯下が多い、慢性骨盤炎症性疾患、睾丸炎、下肢の麻痺、小児麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大臀筋の内側縁→4胸腰筋膜の浅層→5脊柱起立筋の起始部。
【注意事項】1.2寸以上に深刺すると、鍼尖が第4後仙骨孔に進入して、第4仙骨神経後枝と第4仙骨神経本幹に当たる。もし第4仙骨神経の本幹に当たれば、強い触電感が下肢に向けて放散する。
左下髎穴の矢状断面分解図

4-2図(43)長強穴の水平断面図P131

長強(督脈)
【体表部位】尾骨尖端の下で、尾骨尖端と肛門をつないだ線の中点。
【刺鍼法】鍼尖を上に向けて、尾骨や仙骨と平行に、斜刺で0.5~1寸ほど刺入する。
【主治】痔、脱肛、陰嚢湿疹、下痢(腹瀉)、インポテンツ、精神分裂症。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3仙骨結節靭帯→4肛門挙筋
【注意事項】刺入が深すぎると、鍼尖は直腸を貫く。それに提插や捻転を加えると直腸壁に小孔があいて、排便などで腹圧が高まったときに糞便が鍼孔から溢れ、深部が感染すると骨盤腹膜炎、浅部が感染すると坐骨直腸膿瘍が起きる可能性がある。
長強穴の矢状断面分解図

第五章 四肢の経穴断面図(水平断面)P132
第一節 上肢の経穴断面
5-1図(1)左肩髃穴の矢状断面図

肩髃(手の陽明大腸経)
【体表部位】三角筋上部の中点で、鎖骨の肩峰端と上腕骨大結節の間。
【刺鍼法】直刺で、0.6寸。
【主治】片麻痺、高血圧、肩関節の痛み、肩関節周囲炎、多汗症。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3三角筋→4三角筋下包→5棘上筋腱
右肩髃穴の矢状断面分解図

5-1図(2)左侠白穴の水平断面図P133

侠白(手の太陰肺経)
【体表部位】上腕の前外側で、上腕二頭筋の橈側縁。尺沢穴の上5寸で、天府穴の下1寸。
【刺鍼法】直刺で、0.7寸。
【主治】鼻血、顔面神経麻痺、扁桃炎、前腕の神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3上腕筋
右侠白穴の水平断面分解図

5-1図(3)左尺沢穴の水平断面図P134

尺沢(手の太陰肺経)
【体表部位】肘窩横紋の上で、上腕二頭筋腱の橈側縁。
【刺鍼法】直刺で、0.7寸。
【主治】肺炎、気管支炎、胸膜炎、咽喉の腫痛、肘や腕の腫れぼったい痛み、丹毒。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腕橈骨筋→4橈骨神経と橈側側副動脈の前枝→5上腕筋
右尺沢穴の水平断面分解図

5-1図(4)左手三里の水平断面図P135

手三里(手の陽明大腸経)
【体表部位】前腕背面の橈側で、陽谿穴と曲池穴をつなぐ線上。曲池穴の下2寸。
【刺鍼法】直刺で、0.8寸。
【主治】肩や腕の痛み、上肢の麻痺、潰瘍性疾患、腹痛、下痢(腹瀉)、消化不良。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長橈側手根伸筋→4短橈側手根伸筋→5鍼の後側は指伸筋→6回外筋と橈骨神経の深枝
右手三里穴の水平断面分解図

5-1図(5)左上廉穴の水平断面図P136

上廉(手の陽明大腸経)
【体表部位】前腕背面の橈側で、陽谿穴と曲池穴をつなぐ線上。曲池穴の下3寸。
【刺鍼法】直刺で、1.3寸。
【主治】片麻痺、前腕の捻挫、手足の痺れ。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3短橈側手根伸筋→4回外筋→5長母指外転筋
右上廉穴の水平断面分解図

5-1図(6)左下廉穴の水平断面図P137

下廉(手の陽明大腸経)
【体表部位】前腕背面の橈側で、陽谿穴と曲池穴をつなぐ線上。曲池穴の下4寸。
【刺鍼法】直刺で、0.8寸。
【主治】頭痛、眼痛、めまい、腹痛、乳腺炎、肘や腕の痛み。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腕橈骨筋→4短橈側手根伸筋→5回外筋
右下廉穴の水平断面分解図

5-1図(7)左孔最穴の水平断面図P138

孔最(手の太陰肺経)
【体表部位】前腕の掌側で、太淵穴と尺沢穴をつなぐ線上。太淵穴の上7寸。
【刺鍼法】直刺で、0.8~1寸。
【主治】咳嗽、喘息、肺炎、扁桃炎。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腕橈骨筋→4橈側手根屈筋→5浅指屈筋と円回内筋→6長母指屈筋
右孔最穴の水平断面分解図

5-1図(8)左臂中穴の水平断面図P139

臂中(奇穴)
【体表部位】前腕の掌側で、両骨の間。腕関節横紋と肘窩横紋をつないだ線の中点。
【刺鍼法】直刺で、1.2寸。
【主治】前腕の痛み、上肢の麻痺や痙攣、ヒステリー、胸脇痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3橈側手根屈筋→4浅指屈筋→5正中神経と正中動脈→6深指屈筋
右臂中穴の水平断面分解図

5-1図(9)左郄門穴の水平断面図P140

郄門(手の厥陰心包経)
【体表部位】前腕の掌側で、大陵穴と曲沢穴をつなぐ線上。大陵穴の上5寸。
【刺鍼法】直刺で、0.8~1寸。
【主治】リウマチ性心疾、心筋炎、狭心症、心悸、乳腺炎、胸膜炎、横隔膜痙攣(シャックリ)、ヒステリー。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3橈側手根屈筋→4浅指屈筋→5正中神経と正中動脈→6深指屈筋→7前腕骨間膜の掌側面
右郄門穴の水平断面分解図

5-1図(10)左二白穴(内側穴)の水平断面図P141

二白(奇穴)
【体表部位】前腕の掌側で、腕関節横紋正中(大陵穴)の直上4寸。橈側手根屈筋腱の尺側と橈側に一つずつある。
【刺鍼法】内側の穴は直刺で1寸。外側の穴は直刺で0.5寸。
【主治】痔、脱肛、前腕の痛み、胸脇痛。
【穴位解剖】内側穴:1皮膚→2皮下組織→3橈側手根屈筋と長掌筋の間を通過→4浅指屈筋→5正中神経と正中動脈→6長母指屈筋→7前腕骨間膜の掌側面
外側穴:1皮膚→2皮下組織→3橈側手根屈筋と腕橈骨筋腱の間を通過→4浅指屈筋→5長母指屈筋
右二白穴(外側穴)の水平断面分解図

5-1図(11)左間使穴の水平断面図P142

間使(手の厥陰心包経)
【体表部位】前腕の掌側で、腕関節横紋中点の直上3寸。橈側手根屈筋腱と長掌筋腱の間。
【刺鍼法】直刺で、0.8寸。
【主治】リウマチ性心疾、胃痛、瘧疾(マラリア)、癲癇、ヒステリー、精神分裂症。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3橈側手根屈筋腱と長掌筋腱の間を通過→4浅指屈筋→5深指屈筋→6方形回内筋→前腕骨間膜の掌側面
右間使穴の水平断面分解図

5-1図(12)左内関穴の水平断面図P143

内関(手の厥陰心包経)
【体表部位】前腕の掌側で、腕関節横紋中点の直上2寸。橈側手根屈筋腱と長掌筋腱の間。
【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】リウマチ性心疾、ショック、狭心症、心悸、嘔吐、胸痛、胃痛、腹痛、横隔膜痙攣(シャックリ)、片頭痛、甲状腺腫機能亢進、癲癇、ヒステリー、喘息、咽喉の腫痛、さまざまな手術による痛み。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3橈側手根屈筋腱と長掌筋腱の間を通過→4浅指屈筋→5正中神経と正中動脈→6深指屈筋→7方形回内筋
右内関穴の水平断面分解図

5-1図(13)左列缺穴の水平断面図P144

列缺(手の太陰肺経)
【体表部位】橈骨茎状突起の外上方で、腕関節横紋から1.5寸離れたところ。
【刺鍼法】直刺で、0.3寸。
【主治】ジンマシン、顔面神経麻痺、後頚部のこわばった痛み、腕関節周囲にある軟部組織の疾患。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長母指外転筋→4腕橈骨筋腱→5方形回内筋
右列缺穴の水平断面分解図

5-1図(14)左通里穴の水平断面図P145

通里(手の少陰心経)
【体表部位】前腕の掌側で、尺側手根屈筋腱の橈側縁。腕関節横紋(神門穴)の上1寸。
【刺鍼法】直刺で、0.8寸。
【主治】心悸、心痛、徐脈、神経衰弱、ヒステリー性失語、精神分裂症、咳嗽、喘息。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3鍼は尺側手根屈筋の橈側を通過→4深指屈筋の尺側部→5前腕屈筋後ろの間隙→6方形回内筋→7後骨間動脈と静脈、後骨間神経
右通里穴の水平断面分解図

5-1図(15)左陰郄穴の水平断面図P146

陰郄(手の少陰心経)
【体表部位】前腕の掌側で、尺側手根屈筋腱の橈側縁。腕関節横紋(神門穴)の上0.5寸。
【刺鍼法】直刺で、0.4寸。
【主治】神経衰弱、盗汗、心悸、肺結核。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3鍼は尺側手根屈筋の橈側を通過→4尺骨神経
右陰郄穴の水平断面分解図

5-1図(16)左神門穴の水平断面図P147

神門(手の少陰心経)
【体表部位】手首の掌側で、腕関節横紋の尺側部。尺側手根屈筋腱の橈側縁陥凹部。
【刺鍼法】直刺で、0.5寸。
【主治】神経衰弱、心悸、健忘、不眠、多夢(眠っているとき夢ばかり見て、寝た気が しない)、 心臓病、狭心症、ヒステリー、舌筋の麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3鍼の尺側には尺側手根屈筋腱→4鍼の橈側には尺骨神経、尺骨動脈、尺骨静脈。
右神門穴の水平断面分解図

5-1図(17)左腕骨穴の水平断面図P148

腕骨(手の太陽小腸経)
【体表部位】手首の尺側縁で、第5中手骨基底部と有鉤骨の間にある陥凹。
【刺鍼法】直刺で、0.8寸。
【主治】手首や肘、指などの関節炎、頭痛、耳鳴り。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3小指外転筋→4豆中手靭帯→5鍼の背側は尺側手根伸筋腱と第5中手骨基底部。
右腕骨穴の水平断面分解図

5-1図(18)左魚際穴の水平断面図P149

魚際(手の太陽小腸経)
【体表部位】手掌橈側で、手掌面と手背面が交わるところ。第1中手骨掌側の中点に当たる。
【刺鍼法】掌心に向けて1寸ほど斜刺する。
【主治】咽喉の痛み、扁桃炎、喘息、喀血、小児の栄養不良(疳積)。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3短母指外転筋→4母指対立筋→5短母指屈筋
右魚際穴の水平断面分解図

5-1図(19)左合谷穴の水平断面図P150

合谷(手の陽明大腸経)
【体表部位】手背で、第1と第2中手骨の間。少し第2中手骨の中点に近い。
【刺鍼法】直刺で、0.8寸。
【主治】インフルエンザ、耳鼻咽喉眼科の疾患、顔面神経麻痺、片麻痺、神経衰弱、さまざまな疼痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3第1背側骨間筋→4母指内転筋
右合谷穴の水平断面分解図

5-1図(20)左労宮穴の水平断面図P151

労宮(手の厥陰心包経)
【体表部位】第2と第3中手骨の間で、第3中手骨に近い。掌側腕関節横紋の上方。
【刺鍼法】直刺で、0.6寸。
【主治】脳卒中による意識不明、日射病、狭心症、口内炎、小児のヒキツケ、ヒステリー、精神病、手掌の多汗症、手指の痺れ。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3手掌腱膜→4鍼は2本の指の浅指屈筋腱と深指屈筋腱の間を通過→5鍼は第2虫様筋、総掌側指動脈、固有掌側指神経の橈側を通過→6鍼の橈側は、第1掌側骨間筋と第2背側骨間筋
右労宮穴の水平断面分解図

第二節 下肢の経穴断面
5-2図(1)左環跳穴の水平断面図P152

環跳(足の少陽胆経)
【体表部位】大腿骨大転子の最高点と仙骨管裂孔をつなぐ線で、外側1/3と内側2/3の交点。
【刺鍼法】直刺で、2~2.5寸。
【主治】坐骨神経痛、下肢の痺れや麻痺、股関節および周囲軟部組織の疾患。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大臀筋→4坐骨神経→5大腿方形筋
右環跳穴の水平断面分解図

5-2図(2)左陰廉穴の水平断面図P153

陰廉(足の厥陰肝経)
【体表部位】曲骨穴傍ら2寸の直下2寸。
【刺鍼法】直刺で、1~1.5寸。
【主治】生理不順、腰腿痛、仙痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長内転筋→4短内転筋→5小内転筋
右陰廉穴の水平断面分解図

5-2図(3)左承扶穴の水平断面図P154

承扶(足の太陽膀胱経)
【体表部位】大腿後側の中線で、大臀筋の下縁。
【刺鍼法】直刺で、1.5~2寸。
【主治】腰背痛、坐骨神経痛、痔、尿貯溜、便秘。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大臀筋→4後大腿皮神経→5大腿二頭筋長頭と半腱様筋→6坐骨神経、坐骨神経伴行動脈
右承扶穴の水平断面分解図

5-2図(4)左殷門穴の水平断面図P155

殷門(足の太陽膀胱経)
【体表部位】臀溝と膝窩横紋をつなぐ線の中点。承扶穴の下6寸に当る。
【刺鍼法】直刺で、1.5~2寸。
【主治】腰背痛、坐骨神経痛、下肢麻痺、後頭痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大腿二頭筋長頭と半腱様筋→4坐骨神経、坐骨動脈
右殷門穴の水平断面分解図

5-2図(5)左風市穴の水平断面図P156

風市(足の少陽胆経)
【体表部位】大腿骨大転子と腓骨頭をつなぐ線上で、両手を垂らして直立したとき中指先端の当るところ。
【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】下肢麻痺、腰腿痛、大腿神経痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3腸脛靭帯→4外側広筋→5中間広筋
右風市穴の水平断面分解図

5-2図(6)左伏兎穴の水平断面図P157

伏兎(足の陽明胃経)
【体表部位】膝を伸ばし、上前腸骨棘と外膝眼をつなぐ線上で、膝蓋骨上縁の上6寸。

【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】下肢の知覚や運動の麻痺、膝関節炎、ジンマシン。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3大腿直筋→4鍼は、外側大腿回旋動脈と外側大腿回旋静脈の下行枝、そして大腿神経の筋枝の内側を通過→5中間広筋
右伏兎穴の水平断面分解図

5-2図(7)左血海穴の水平断面図P158

血海(足の太陰脾経)
【体表部位】大腿内側の前下部で、内側広筋が隆起した上。膝蓋骨上縁の上2寸。
【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】生理不順、機能性子宮出血、ジンマシン、そう痒症、神経皮膚炎、貧血。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3内側広筋
右血海穴の水平断面分解図

5-2図(8)左陽陵泉穴の水平断面図P159

陽陵泉(足の少陽胆経)
【体表部位】腓骨頭の前下方にある陥凹で、脛腓関節のところ。
【刺鍼法】直刺で、0.5寸。
【主治】肝炎、胆嚢炎、胆道蛔虫症、高血圧、肋間神経痛、肩関節周囲炎、膝関節痛、下肢の知覚と運動の麻痺、常習便秘。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長腓骨筋→4長指伸筋
右陽陵泉穴の水平断面分解図

5-2図(9)左胆嚢穴の水平断面図P160

胆嚢(奇穴)
【体表部位】陽陵泉穴の下2寸。
【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】慢性や急性の胆嚢炎、胆石症、胆道蛔虫症、胆道仙痛、脇痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長腓骨筋→4鍼は、浅腓骨神経の前方を通過→5鍼尖は深腓骨神経、そして前脛骨動脈と前脛骨静脈
右胆嚢穴の水平断面分解図

5-2図(10)左足三里穴の水平断面図P161

足三里(足の陽明胃経)
【体表部位】犢鼻穴の直下3寸で、脛骨前縁の外側一横指にある陥凹。
【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】急性や慢性の胃炎、潰瘍性疾患、急性や慢性の腸炎、急性や慢性の膵臓炎、小児の消化不良、片麻痺、ショック、虚弱体質、貧血、高血圧、アレルギー性疾患、黄疸、癲癇、神経衰弱。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3前脛骨筋→4下腿骨間膜→5後脛骨筋
右足三里穴の水平断面分解図

5-2図(11)左闌尾穴の水平断面図P162

闌尾穴(奇穴)
【体表部位】足三里穴の下2寸。外膝眼穴の下5寸に当る。
【刺鍼法】直刺で、1~1.5寸。
【主治】腹痛、腹の膨満感(腹脹)、下痢(腹瀉)、虫垂炎、腸炎、細菌性下痢、胃炎、片麻痺、脚気。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3前脛骨筋→4鍼の外側は、前脛骨動脈と前脛骨静脈、そして深腓骨神経→5下腿骨間膜→6後脛骨筋
右闌尾穴の水平断面分解図

5-2図(12)左上巨虚穴の水平断面図P163

上巨虚(足の陽明胃経)
【体表部位】足三里穴の下3寸。前脛骨筋上で、脛骨と腓骨の間。
【刺鍼法】直刺で、1~1.5寸。
【主治】急性や慢性の虫垂炎、胃痛、消化不良、下肢の弛緩性麻痺。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3前脛骨筋→4鍼の外側は、前脛骨動脈と前脛骨静脈、そして深腓骨神経→5下腿骨間膜→6後脛骨筋
右上巨虚穴の水平断面分解図

5-2図(13)左豊隆穴の水平断面図P164

豊隆(足の陽明胃経)
【体表部位】外踝の上8寸で、条口穴の外側1寸。
【刺鍼法】直刺で、1~1.2寸。
【主治】腎炎、膀胱炎、睾丸炎、骨盤炎症性疾患、癲癇、精神分裂症、腓腹筋痙攣(こむらがえり)
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長指伸筋→4長母指伸筋→5下腿骨間膜→6後脛骨筋
右豊隆穴の水平断面分解図

5-2図(14)築賓穴の水平断面図P165

築賓(足の少陰腎経)
【体表部位】下腿前内側面の中部で、内踝の上5寸。脛骨内側縁と下腿後正中線をつなぐ線で、前2/3と後ろ1/3の交点。
【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】咳嗽、痰が多い、頭痛、めまい(眩暈)、脚気、下肢の腫れ、無月経症(閉経)、過多月経(血崩)。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3下腿三頭筋→4足底筋腱の前内側を通過→5脛骨神経
右築賓穴の水平断面分解図

5-2図(15)左光明穴の水平断面図P166

光明(足の少陽胆経)
【体表部位】下腿前外側面の下部で、外踝中心の上5寸。腓骨縁に近接した、長指伸筋と短腓骨筋の間を取穴する。
【刺鍼法】直刺で、1寸。
【主治】夜盲症(鳥目)、視神経萎縮、白内障、片頭痛、下腿外側の痛み。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3短腓骨筋→4前下腿筋間中隔→5長指伸筋→6長母指伸筋→7前脛骨動脈と前脛骨静脈、深腓骨神経の後方を通過→8下腿骨間膜→9後脛骨筋
右光明穴の水平断面分解図

5-2図(16)右三陰交穴の水平断面図P167

三陰交(足の太陰脾経)
【体表部位】下腿前内側面の下部点で、内踝中心の上3寸。脛骨内側縁の後方にある陥凹。
【刺鍼法】直刺で、1~1.2寸。
【主治】腎炎、睾丸炎、機能性子宮出血、尿路感染、帯下が多い、腰痛。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長指屈筋→4後脛骨筋→5長母指屈筋
右三陰交穴の水平断面分解図

5-2図(17)右復溜穴の水平断面図P168

復溜(足の少陰腎経)
【体表部位】下腿前内側面の下部で、内踝の上2寸(つまり太谿穴の上2寸)。アキレス腱の前縁を取穴する。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】泌尿系統や生殖系統の疾患、腹部の膨満(腹脹)、腹痛、下痢(腹瀉)、片麻痺、神経衰弱、神経皮膚炎、湿疹、ジンマシン。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3鍼は、足底筋腱とアキレス腱の前方を通過→4脛骨神経と後脛骨動脈、後脛骨静脈の後方を通過→5大長母指屈筋
右復溜穴の水平断面分解図

5-2図(18)左解谿穴の水平断面図P169

解谿(足の陽明胃経)
【体表部位】足関節の前面で、足背と下腿が交わる横紋の中央。長指伸筋腱と長母指伸筋腱の間にある陥凹を取穴する。
【刺鍼法】直刺で、0.5寸。
【主治】頭痛、腎炎、腸炎、癲癇、足関節周囲の軟部組織の疾患、尖足。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間を通過→4深腓骨神経と前脛骨動脈、前脛骨静脈→5鍼尖の深部は距骨
右解谿穴の水平断面分解図

5-2図(19)右商丘穴の水平断面図P170

商丘(足の太陰脾経)
【体表部位】足の内側面で、内踝の前下方。すなわち内踝中央と舟状骨結節の中点。
【刺鍼法】直刺で、1~1.2寸。
【主治】胃炎、腸炎、消化不良、脚気、浮腫、足関節および周囲軟部組織の疾患。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3三角靭帯→4脛骨の内踝
右商丘穴の水平断面分解図

5-2図(20)左太衝穴の水平断面図P171

太衝(足の厥陰肝経)
【体表部位】足背部で、第1と第2中足骨の間にある陥凹。
【刺鍼法】直刺で、0.5~1寸。
【主治】頭痛、めまい、不眠、高血圧、肝炎、乳腺炎、過多月経、血小板減少、四肢の関節が怠く痛む。
【穴位解剖】1皮膚→2皮下組織→3鍼は、長母指伸筋腱と長指伸筋腱の間を通過→4短母指伸筋腱の外側を通過→5深腓骨神経と第1中足骨背側の動脈や静脈→6第1背側骨間筋
右太衝穴の水平断面分解図

第六章 常用穴位のCT、および顕微鏡構造 P172

穴位のCT写真:CTとはComputed Tomographyの略称で、コンピュータ連続断層撮影という意味である。CTの診断では、必ず正常人のCT断面解剖画像が必要で、それと比較分析することによって正確に診断できる。そし正常人のCT断面解剖画像は、必ず肢体断面解剖構造を基礎としている。つまり穴位構造と結び付けたCT画像が「穴位CT断面解剖学」の研究だが、それをテーマにした報告や専門書は、これまでなかった。本書の編集主任である厳振国教授は、1982年に大阪市立大学医学部付属病院CT室にて、こうした研究をおこない、穴位部分のCT撮影によって常用穴157枚の断層写真を得た。その一部を本書では載せ、画像の分析をするとともに、断面解剖図を図式化し、断面各層のの解剖構造をはっきりさせるとともに、解剖の名称を書き込むだけでなく、重要部位には数字を加えて位置が分かり易いようにした。各ページにある右上方の図は、CT画像の断層位置を示している。こうした研究をおこなった目的は、読者に断面構造に対する関心を持っていただき、より多くの人々が研究を始めて、鍼灸学、放射線学、断面解剖学を結合させた「穴位CT断面解剖学」という学際学科としてゆきたい。

穴位の顕微鏡構造:穴位断面解剖構造および穴位CTスキャン構造を観察するだけでなく、穴位の顕微鏡構造も研究した。その方法は、癌で切断しなければならない肢体へ、手術前に穴位へ刺鍼し、気が得られたら「藍点定位法」によって穴位上の位置を定め、四肢を切断したあとホルマリン固定し、パラフィン包埋して10mm間隔で連続切片にし、染色したものを顕微鏡下で、皮膚から一般に刺入する深度の顕微鏡構造を観察した。そして切断した四肢を使って、だるい、痺れる、腫れぼったい、重いなどの鍼感を発生させる物体を研究した。つまり特殊染色した組織切片を製作し、穴位内にある触覚小体、パチニ小体、小神経束、筋線維、そして血管壁など、穴位内にある様々な受容器(レセプター)を観察した。ウサギを使った実験では、刺鍼前は穴位内のアセチルコリンエステラーゼ活性が低いが、刺鍼して15分ほど捻転するとアセチルコリンエステラーゼ活性が明らかに高まる。この結果は、刺鍼すると身体の新陳代謝と抵抗力が、それに伴って向上したことを示している。ウサギ耳の電気泳動点にX線拡大撮影を応用した結果、穴位の電気抵抗の小さいことが小動脈の数と関係があることが明かになった。

P173

6-1図 迎香穴と顴髎穴のCT図
迎香 顴髎

摸式図 左下から
僧帽筋→項靭帯→頭半棘筋→小後頭直筋→大後頭直筋→胸鎖乳突筋→頭板状筋→頭最長筋→下頭斜筋→耳下腺→外側頭直筋→内頚動静脈→内側翼突筋→外側翼突筋→側頭筋→3.(翼状突起)外側板→頬骨→4.(翼状突起)内側板→9.上顎洞→1.鼻甲介→上唇鼻翼挙筋→8.鼻中隔→7.鼻前庭→鼻甲介→迎香→上唇挙筋→眼角動静脈→顴髎→口角挙筋→頬骨筋→翼口蓋窩→咽頭収縮筋→頭長筋→前頭直筋→咬筋→10.下顎枝→舌咽神経→舌下神経→茎突咽頭筋→11.茎状突起→副神経→迷走神経→乳様突起→12.横突孔→椎骨動脈→交感神経幹→5.環椎前弓→6.環椎の歯突起窩→脊髄→クモ膜下腔
(中心)2.鼻咽頭部

P174

6-2図 扶突穴と天窓穴のCT図
扶突 天窓

摸式図 左下から
棘突起→僧帽筋→頭半棘筋→脊髄→棘突起→黄色靭帯→深頚動静脈→多裂筋、回旋筋→後縦靭帯→外椎骨静脈叢→後斜角筋→頚神経→中斜角筋→椎骨動脈→前斜角筋→脊柱管→頭長筋、頚長筋→梨状陥凹→披裂軟骨→甲状軟骨→咽頭→喉頭腔→咽頭収縮筋→肩甲舌骨筋→前頚静脈→甲状舌骨筋→上甲状腺動脈→総頚動脈→交感神経幹→迷走神経→扶突→内頚静脈、胸鎖乳突筋→深頚リンパ節、副神経→外頚静脈→頭最長筋、頚最長筋→天窓→大耳介神経→肩甲挙筋→頭板状筋、頚板状筋→小後頭神経→頚半棘筋→棘間筋→項靭帯
(中心)頚椎椎体

P175

6-3図 中府穴のCT図
中府

摸式図 左下から
棘突起→半棘筋、多裂筋、回旋筋→僧帽筋→菱形筋→前縦靭帯、脊柱起立筋→肋間筋→肩甲骨→棘上筋→肩甲棘→棘下筋→三角筋→左肺上葉→交感神経幹→胸管→上腕二頭筋短頭→烏口腕筋、烏口突起→小胸筋→腕神経叢→鎖骨下筋→鎖骨→7.鎖骨下静脈、胸骨甲状筋→胸骨舌骨筋→胸鎖乳突筋(胸骨頭)、15.気管→食道、下甲状腺静脈12.総頚動脈→迷走神経、19.鎖骨下動脈→横隔神経→下喉頭神経、大胸筋→中府→上腕二頭筋長頭腱→上腕骨→肩関節腔→小円筋→三角筋→棘下筋→肩甲骨→肩甲下筋、第1肋骨→前鋸筋、第2肋骨→20.右肺上葉→胸椎椎体→脊髄

P176

6-4図 合谷穴のCT図
合谷

摸式図 左下から
合谷→第2中手骨→第1掌側骨間筋→示指伸筋腱→指伸筋腱→第2背側骨間筋→第3中手骨→第3背側骨間筋→第2掌側骨間筋→第4中手骨→手背静脈網(尺側皮静脈)→尺側神経手背枝→小指伸筋腱→第5中手骨→小指対立筋→第3掌側骨間筋→小指外転筋→短小指屈筋→第4背側骨間筋→尺骨神経の分枝→第4虫様筋→手掌腱膜→正中神経の分枝→浅掌動脈弓→第1虫様筋→短母指屈筋(浅頭)→長母指屈筋腱→短母指屈筋(深頭)→母指対立筋→短母指外転筋→母指主動脈→第1中手骨→短母指伸筋腱→手背静脈網(橈側皮静脈)→長母指伸筋腱→母指内転筋→第1背側骨間筋

P177

6-5図 環跳穴のCT図
環跳

摸式図 左下から
直腸膣中隔→10.直腸→5.膣→4.膀胱→8.内閉鎖筋→大臀筋→坐骨→大腿方形筋→大腿骨→中臀筋→大腿筋膜→大腿筋膜張筋→外側広筋→腸腰筋→縫工筋→外閉鎖筋→恥骨筋→錐体筋、腹直筋腱→大伏在静脈→大腿動静脈→大腿神経→閉鎖神経、閉鎖動静脈→大腿直筋→腸骨大腿靭帯→股関節包→坐骨直腸窩→坐骨神経→後大腿皮神経→大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の起始→環跳→内陰部動静脈、陰部神経→肛門挙筋

P178

6-6図 足三里穴のCT図
足三里

摸式図 左下から
小伏在静脈→ひらめ筋→15.腓腹筋の内側頭→脛骨神経→20.大伏在静脈→内側下腿皮枝→19.長指屈筋→3.脛骨→後脛骨筋→前脛骨筋→足三里→深腓骨神経→長指伸筋→2.前脛骨動静脈→長腓骨筋→浅腓骨神経→9.腓骨→腓骨動静脈→後脛骨動静脈→13.腓腹筋外側頭

P179 左上から左下、右上から右下
表皮→真皮層→皮下層→小血管→パチニ小体→深筋膜
浅指屈筋腱→深指屈筋
6-7(1)図 内関穴の顕微鏡構造

P180 左から右
浅指屈筋
深指屈筋
6-7(2)図 内関穴の顕微鏡構造

P181 左上から

表皮→真皮→汗腺→皮下層→橈骨神経→小血管→橈側手根屈筋腱
6-8図 列缺穴の顕微鏡構造 6-9図 隠白穴の触覚小体を示す
 6-10図 公孫穴のパチニ小体を示す

P182
6-12図 足三里穴の「鍼感」点の構造を示す(一)
6-11図 三陰交穴の小神経束を示す
6-13図 下巨虚穴の筋紡錘を示す
6-14図 足三里穴の筋肉上の神経終末を示す
6-15図 足三里穴の「鍼感」点の構造を示す(二)

P183
6-16図と6-17図 ウサギ足三里穴のアセチルコリンエステラーゼ活性を示す
6-18図 ウサギ耳電気泳動点の電子顕微鏡撮影