【紅茶占い】
  

紅茶占いの起源 用意するもの  占いの手順 占い結果



はじめに

CRISISは本文中に少し記されていますが、英国文化を一部に取り入れています。その代表が紅茶。第五章「月夜のノスタルジア」では、ユータが紅茶で占いをするシーンが出てきますが、これもイギリスで密かに流行したとされる「紅茶占い」を元にしています。

『紅茶占い』の起源

 紅茶がイギリスで日常的な飲み物になった頃、今はティーストレーナー(茶こし)で茶葉をきれいに取り除きますが、当時はそのままポットから注いでいたため、カップには少し茶葉が入っていたそうです。そこで、密かに女性たちの間で流行したのが、茶葉の形や枚数などで占う「紅茶占い」。――何とも洒落た思いつきですよね。

 占い方は種々あって、茶葉の形で占うもの、枚数で占うもの、飲む前に占うもの、飲んだ後に占うもの……と色々ありますが、ここではCRISISで参考にした方法を紹介しようと思います。



用意するもの


紅茶()、カップ、ポット

*残念ながらティーバッグの紅茶では占えません。



 占いの手順

 ●ティーストレーナー(茶こし)などを使わずにカップに紅茶を入れます。
 

茶葉は少し大きめのもの(OPぐらい)が、占う際に形が分かりやすいため、適しています。

≪OPとは≫ 紅茶の等級です。
数ミリから1センチ程度の大きなサイズに仕上げられた茶葉。インド産、中国産、国産に多い
特徴として、苦味雑味が出にくい代わりに抽出時間が長くかかる。



●注いだら、カップを左回りに3回まわします。

●カップの中の葉の形を見ます。


さて、何の形に見えますか?


占い結果
良い図形 悪い図形
犬・・・良友を得る 猫・・・裏切り
馬・・・望みごと叶う 雲・・・疑心暗鬼
蝶・・・楽しみごとあり 梟・・・怠慢
卵・・・幸運あり 短剣・・・事故、逆境
木・・・幸運あり 風車・・・重労働
花・・・愛情、尊敬、名声 ネズミ・・・不足、逃亡
冠・・・栄光 ナイフ・・・トラブル
鍵・・・仕事での成功 十字架・・・苦難、怪我、故障
星・・・幸福な未来 ハゲワシ・・・敵、残酷さ
太陽・・・大きな幸運 オオカミ・・・警告
指輪・・・結婚吉  
はーと・・・恋愛吉  
鳥(特に渡り鳥)・・・飛躍  

想像力を高めるトレーニングにいいかもしれませんね(笑)。

ちなみに、カップの左側が過去、右側は未来。
底への距離は時間を示します(底にあるほど遠い時間軸にある)。




PEARL JAM : WEB素材(ページTOP画像)