保険証の見方

保険証には1.保険者番号、2.記号番号、3.被保険者名、4.被扶養者名、5.交付年月日、6.有効期限などが記載されています。

保険者番号 社会保険(政府管掌)が4桁、国民健康保険が6桁(退職は8桁)、そのほかは8桁の数字で構成されています。
記号番号 記号と番号に分かれますが、中にはひとつになったものもあります。大体記号部分で何らかのグループを、番号部分で順番を表すものが多いようです。
被保険者名 その保険に加入している人の名前ですが、国保の場合は所帯主となり、中には所帯主は加入者でないというケースもあります。
交付年月日 保険証の交付日ですが、資格取得の日と必ずしも一致しません。
被扶養者名 その保険証を使える人の名前が書いてあります。この欄に名前がなければ当然使う権利がありません。また個人ごとに資格取得の日が違う場合もあります。但し、遠隔地医療症が発行されている場合など例外もあります。
有効期限 その保険証を使える期間が書いてあります。期限が無いものもあります。

保険者番号の構成

保険制度を表す番号(法別番号)

02 船員保険 03・04 日雇保険 06 組合保険
31 国家公務員共済 32 地方職員共済 33 警察共済
34 教職員(公立・私立) 07 自衛官 63 特例退職(組合)
72〜75 特例退職(共済)        

高齢者について

医療機関に持っていく場合