2014 Trekking & Out door


栗駒山 千年クロベ


2014年写真

9.大倉山(おおくらやま、泉ケ岳駐車場から船形縦走路経由) 11/23(日) 
北泉ケ岳の北側に少し雪があったがまだほとんど積もっていなかった。大倉山断崖から絶景写真を撮りに行くのが目的。往復17kmの旅。今年の最後を飾るにふさわしい日帰りロングコース。


8.栗駒山千年クロベ(世界谷地から千年クロベ) 10/19(日) 
千年クロベを目指してもう一度。でも、今度は紅葉のおまけつき。これが素晴らしい。紅葉としては終盤であったが深い山全体が赤や黄色に彩られそれはそれは美しい。行きがけは適当に写真を撮りながらクロベを目指す。そして、今度は間違えずに奥に進むと鎮座しております。そのたたずまいは見ただけで神々しくご利益がありそうな雰囲気。1時間以上クロベと戯れ写真を撮って過ごした。あぁ、すばらしい。また来よう。戻り道は紅葉を楽しむ。ゆっくりと歩きながら写真を撮る。こんなに感動した紅葉は初めて。青空も素晴らしい、木漏れ日加減が紅葉と絶妙な雰囲気を醸し出す。官能的ですらあった
7.栗駒山千年クロベ(世界谷地から千年クロベ) 9/13(土) 
樹齢千年と言われるクロベ(ヒノキ科)が有名。一度見に行こう。世界谷地から変速三叉路で湯浜温泉に道をとる。旧道なのでなだらかな道で楽しいい山歩き。2時間でクロベの森に到着。あぁ、なんと大きいすばらしい。大満足で戻ってきたがネットで調べるとその少し奥に本当の千年クロベがあるらしい。ネットでも間違ったクロベ(それでも立派だよ)と記念撮影をしているのを見かけた。うーん、これはもう一回いかなくては。
6.七ツ森(ななつもり、信楽寺跡より) 8/14(木) 
お盆休み。少しくらい遊びに行こう。今年で4回目の電験三種受験。毎夏休みは朝から夜まで勉強。息抜きしたくなる。唯一の息抜きでお盆ながら敢行。雨は降らないけど湿潤で虫がよけてもよけても寄ってくる。ネット無では歩くこともできないくらいひどかった。
5.栗駒山(くりこまやま、世界谷地からの大地森コース) 7/13(日) 
天気はあまりよくない。なんとなく降りそう。でも、折角誕生日休みも取ったので途中まででも行こう。世界谷地から少し進むと既に携帯不通エリア。山深いが実に立派な大きな登山道で整備も行き届いている。45分程で変速三叉路。2008年の内陸地震で道が寸断されて三叉路となってしまった。そこから大地森を左に巻いて登っていく。実に、実に深い山。本当に風と木々の音しか聞こえない。大自然満喫の山登り。でも、そろそろ3時間くらいのところで(どうやらもう少しで御室)雨模様。引き際がいいのが取り柄なのであっさり撤退。ここまでの山歩きだけでも栗駒の自然に抱かれとてもしあわせ。山頂に行かなくても大満足。
4.栗駒山(くりこまやま、いわかがみ平から中央コース) 6/21(土) 
初めての栗駒山。遠いのでつい足が遠のいていたが先輩に道案内してもらってまずは中央コース。さくっと90分で山頂。前半はセメントで登山道が固めてあって栗駒庭園といった風情だったが、上の方は赤土の見慣れない風合い。規模の大きい山容に満足。でも、あまりに早く終わったので戻りに世界谷地に行ってニッコウキスゲ、ワタスゲを愛でてから帰宅した。ちなみに世界谷地は標高600mを超える高層湿原で珍しいらしい。戻り道にこの世界谷地から栗駒山に登るコースを知り次回トライすることになる。
3.花淵山(はなぶちやま、鳴子スキー場跡からシロヤシオ群生地) 5/31(土) 
今年は週末とシロヤシオの開花(満開)が一致した良い年になった。道々カタクリの群生もあるし実に楽しい一日。唯一ご飯を食べるのが大変なほど虫に群がられたのが大変だったが、片道3時間の楽しい行程だった。


2.七ツ森(ななつもり、信楽寺跡から) 5/3(土)
GW前半で体力測定をしたので、後半は楽しく新緑と花を楽しむ。信楽寺から自然歩道のみを通ってたがら森の先まで。戻り道で撫倉山と松倉山の間を通っている筈の廃道探しの旅に・・・。これが失敗。なんとなく道らしいところを順調に進むが、結局行き詰まり往復1時間のさすらいの旅。道はロストしたが戻り方が分かるのでとりあえず心配はないが。あー、余計に疲れた。
1.七ツ森(ななつもり、信楽寺跡から) 4/24(日) 
いつものことながら花粉シーズンが過ぎ去るのを待ってやっと活動開始。まずは春の体力測定。七ツ森で七座を目指す。松倉山→撫倉山→大倉山→蜂倉山→鎌倉山→遂倉山→たがら森。もうへろへろでたがら森を下ってから登り返しがしんどかった。もう電話して誰か呼ぼうかと思うほど疲れてしまい、しばし休憩。休み休みなんとか帰り着いたが朝7時から夕方5時まで掛かってしまった。