2010年2月21日(日)
荒沢(ビン沼〜上田谷地〜田谷地)
スノートレッキング5
 今回はベルト留めからロープで留めるように変更しました。これでやっと長靴からかんじきが外れずに歩けるようになりました。
ただし、ロープの回し方は通常からもう1工程外れにくいように追加しました。

<通常の結び方>


<追加した結び方>

いざ歩き出したら長靴からあっさり外れ往生しました。緩かったのもあったのでしょうがこれではどうしようもないのでとっさのひらめきです。
これで前に掛けたロープがつま先から外れることはありません。

<葡萄沢林道分岐:積雪期>

通常上にある標識を見下ろすという非日常的な光景です。

<葡萄沢林道分岐:無雪期>

写真を比較すると積雪は60〜70センチといったところでしょうか。

<雪庇>

田谷地沼外周の小山にできたミニ雪庇です。雪庇の上側から見ると結構おっかなく感じます。


今回でようやくかんじきトライ&改善は完了です。 これを参考に来年は新型を作ろうと思います。

全行程6km程度弁当込みで4時間遊びました。

 
いつものワラビもぎ取り園の前ですが、すっかり除雪されていました。除雪は荒沢自然館前の駐車場はもちろんのこと、上田谷地の外周へ入る林道入り口まで除雪されていました。

 
上田谷地の外周へ入る林道に入らず舗装道路沿いをもう少し行くと千古の森から夕日沢林道への道と葡萄沢林道への分岐です。雪で高いところを歩いているのでカーブミラーや道路標識が妙に低くて非日常的な風景を味わいました。

 
そして、林道を外れびん沼に到着。”沼”と言っても雪が積もっていてただの広場でしかありませんが・・・。

 
ビン沼から葡萄沢林道脇の湿地(左上)を抜け、上田谷地への林道(右上)へ。

 
木々の一部は既に新芽を出しています。
上田谷地と自然館への分岐でお昼ごはん。

 
田谷地と外周の小山で記念写真。

 
林道に戻ってきたら舗装道路の除雪されていた部分は乾き始めていました。 次回は自然館前駐車場までは来られそうだ。