2009年8月23日(日)
”船形山”下見登山
(旗坂野営場から三光宮往復)
 7月に登山口事前調査に来ていたので迷わず旗坂野営場に到着。でも、かの日は大雨になったので登山口までは見ることができませんでした。幸いメジャーな登山コースなので先客・後客もありみなさんの行方を追って行きました。また、地図とコンパスはやはりありがたいです。駐車場と野営場の間の林道を行くとものの1、2分で登山口に出会いました。ちなみに林道をそのまま行くと大倉山ふもとの桑沼に着くようです。

 これまでの薬来山、禿岳、花渕山からすると勾配も緩め、何よりある程度の人通りがあるのが嬉しいですね。花渕山のように全く人に会わないのも何となくおっかないです。


道々いくつもこのような彫り物がありました。かつて登山に訪れた人が記念に彫ったのでしょうが、残念です。しかし、いずれも古いものばかりでしたので最近はマナーが良くなっているのでしょう。

 午前中はずっと曇りでしたが、三光宮に11:45に着いてすぐに晴れてきました。と、同時に風が出てきて寒くなり上着を着て弁当を頂きました。
三光宮の松の間から憧れの船形山山頂と山小屋が見えました。あそこまで約2時間らしいです。今度は行ってみたいですが、日も短くなり始めたので朝7〜8時には登り始めないといけないでしょうね。往復7時間強、昼食や休憩含めると8時間強はかかりそうです。

 三光宮で展望できる山を撮影しましたが、左手に見えるのが北泉が岳のようです。地図と合わせて見たのですが、その時は見間違えていて登ってきた人に嘘を言ってしまいました。申し訳ないことをしましたが、それはそれで自分で地図も持たずに来たことで諦めてもらいましょう。
しかし、この青空と雲、そして山並みが美しいです。

 ここ(三光宮)にいると多くの方が訪れます。来た人たちと話していると楽しくなり、つい何人もと話し込んで休憩が長くなってしまいました。
 その後下山を開始し晴れ間で日が射し込む美しいブナの森を楽しみながら返りました。

 今度はいつ来られるか分かりませんが、山頂まで行きたいですね。

<概略コースタイム>
9:45 旗坂野営場
11:45 三光宮
13:00 三光宮発
14:45 旗坂野営場
 
旗坂野営場の駐車場と桑沼に続く林道
 
桑沼への林道から直ぐ登山口がある。 旗坂平。
 
一群平。 鳴清水で記念撮影。
 
三光宮分岐から2分?ですぐに到着。

憧れの船形山山頂は松の間のあそこ・・・です。

三光宮からの展望。北泉が岳。

下りは晴れてきたので美しいブナに囲まれての下山です。