2009年8月12日(水)
”花渕山”
(登り:3時間 下り:2時間、入り口での迷子と写真撮影を含む)
 とうとう東北は梅雨明け宣言がされないままお盆を迎えてしまいました。しかしながら、今日は晴れ間が出るということで期待して行きましたが、どんより曇りのままでした。帰り道で若干晴れ間が覗いた程度でしたが、結構勾配がきつく日に照らされるよりは良かったかも知れません。
 登り3時間、下り2時間でしたが、標高差が750mもあると初心者というかこれだけあれば誰でもしんどいかも・・・。標高差750mというのはこういうことなのか・・・と思いました。蜘蛛の巣が沢山道々にあり、少なくとも今日は私より先に足を踏み入れた人は居なかったようです。下りでも誰にも会いませんでしたが・・・。
 尿前之関跡の駐車場よりまず階段を上ります。花渕山の看板を見ながら進むと、出羽仙台街道の案内があります。スキー場跡地への車の進入が禁止されておりロープが張られています。ここに出羽街道 奥の細道の木の看板もありますが、進入していいのか不安になり通り過ぎてしまいました。さっぱり地図と合わないので、ここで買ったばかりのコンパスの出番です。早速役に立ってしまいました。お陰様で無事に通り過ぎた先から出羽街道に戻り、花渕山への道に出会いました。(先陣のHPのお陰です)
そこから比較的なだらかでしたが、針葉樹林帯に入って直ぐは比較的平坦でしたが、その後いきなりきついです。そのあげくにやっと登山道入り口の看板が出てきました。また、そこからケーブルの中継点までかなりの斜面を登っていきます。地形図で見ると部分的には30度近いです。
ブナ林に入るとしばらくほぼ平坦な道が続きます。雲が掛かって暗いのでなんとなくおっかないですが、見事なブナ林です。最後にぐっと急な坂道を登ると更に上のケーブル中継点とビッキハウスに到着です。
そこからまたしばらくブナ林に入ります。こちらはなだらかな道が続く気持ちのいいブナ林です。途中、雄沼が有るのですが、木が生い茂りなかなか沼まではたどり着けませんでした。
そこを過ぎると低木やマツなどが茂っており、またブナを抜けると避難小屋らしき建物があります。すっかり荒れていました。
その後きつい荒れ地を登ると霧の中に巨大な電波反射板が現れます。そこにはきれいな山百合が咲いていました。反射板から頂上まではものの10分でした。変な建物の奥に国土地理院の一等三角点が有り、ここが頂上です。木が生い茂り見晴らしはありません。そこで、反射板の下のコンクリートで弁当を広げて頂きました。
 その先に進むと鬼首リゾートパークからのテレキャビンで頂上まで登れる鍋倉山に着きます。そこを抜けると大柴山、小柴山を経て花立峠に抜けます。花立峠からは禿岳への登山道もあります。
どうもネットで調べていると、花渕山へは、テレキャビンで鍋倉山に登り、なだらかな起伏を花渕山に進む道の紹介が多いです。確かに私が鳴子スキー場から登った道はかなりきつかったです。それだけに満足感はありましたが。
1,000メートルそこそこの山ですが、鳴子スキー場側から登ると標高差が750メートルほどありますのでまだ山道をどのように歩くかペース配分を含め歩き方を知らない初心者には辛い道のりでした。
 

登山口
急斜面を越えてやっと登山口にたどり着く。
  
荒れ地
←こんな道は道じゃないよ・・・。ただの斜面。
 
 
 
 

霧中に突然現れる反射板が格好いい!
 
 国土地理院 一等三角点