2009年7月26日(日)
船形山登山口への道事前調査
今年は船形山に行きたいと思っていますが、実はどうやって行けばいいかも分かりません。登山口ってただでさえ細い県道からもっと細い林道の先にあったりするので、初心者には山登りの前段階も重要です。
ネットで見かける登山情報では多くは登山口からの様子が多く、実はその登山口にどうやって行ったらいいか分からないのが悩みです。今日は船形山に行くために登山口の調査に行きました。
1. 色麻 大滝キャンプ場登山口
知らないというのは大変怖い物で、薬来方面にも大滝という地名が出てきます。1時間程度荒沢、大滝農村公園辺りを彷徨ってから色麻への道に行けました。知らないのでなかなか気づきません。色麻町役場の船形山のリンクから大滝キャンプ場への地図が入手できます。
2. 小野田 夕日沢登山口
一般的にはマイナーのようです。
荒沢自然遊歩道の前を抜けて一本道です。荒沢自然遊歩道へは薬来山を越えてゴルフガーデンの脇目に真っ直ぐ行きます。民宿やくらい山荘の先の角を左に曲がると荒沢への道です。右の看板で左に曲がらず真っ直ぐ行きます。ここに大滝農村公園と”大滝”という言葉が出てくるため大滝キャンプ場と勘違いしてしまいました。程なく荒沢自然遊歩道入り口の駐車場があります。トイレもありますので必要な方はここで用を足しましょう。ここを更に真っ直ぐ道なりに行くと千古の森キャンプ場への分岐点の看板があります。これがどうやら夕日沢林道への道で途中で千古の森キャンプ場と夕日沢への道と分かれます。船形山へは夕日沢林道を行くようですが、かなりの難所の様です。まだ、自分で行ったことがないので何とも言えませんが、少なくとも四駆がオススメらしいです。右のように”クマがいます”というインパクトのある看板もあり雨の日に一人で行くとドキドキしてしまいます。
3. 大和町 旗坂キャンプ場
舗装道路でバスでも行ける安心して行ける道です。高校の遠足でバスで行っていますので、下手に2WDの乗用車で林道を行くよりは安心です。国道4号線から大和町吉岡の交差点で西(山の方)に曲がり県道147号線を真っ直ぐ25km(車で30〜35分)進みます。水産試験場がありそこを越えるとすぐキャンプ場になります。40台ほど駐車できる駐車場もあり安心です。ただし、なだらかな升沢コースとは言えどもその分距離が長く片道4時間と言われていますので、時間配分には注意して下さい。
船形山山頂付近


1. 大滝キャンプ場への道(色麻町役場のリンクより)


2. 小野田 荒沢への道
大滝農村公園への分かれ道
荒沢自然館前の駐車場。


千古の森キャンプ場への分岐点。途中で夕日沢林道へ。


3. 大和町 旗坂キャンプ場にある登山道案内板

yama2009-3.htmlへのリンク