2010年11月20日(土)

 あまり見たくはありませんでしたが、山頂手前でつい
  に目にしてしまいました。15cm程度の立派な熊さんの
  足跡です。一人で来なくて良かったとつくづく思いまし
  た。別に熊と会うとは思わないのですが、こんなのを
  見たら気持ちが落ち着きません。

似たような写真ですが、
三光の宮から先はまた
一段と雪が増えます。
と言ってもさほどでは
ありませんが。

月山を望む

 もうじき東北の山は雪に閉ざされ一般登山は終わりを迎えます。
10月末の寒波で蔵王や船形山など宮城県のメジャーな山は冠雪
しました。山頂付近では20〜30cmあった様子。ネットで情報を集
めながら、11/20はどうなるか不安の中準備を進めました。最悪の
事態を想定し、防寒着が増えザックはパンパンになってしまいまし
た。そして、先日購入したツェルトも初めてザックに詰めました。ス
トックにもスノーバスケットを装着し万全の体制で挑みましたが、
幸い小春日和で風もなく実に良い登山日和に終わりました。

後白髭山の山頂です。
小春日和で風もなく、のほほんと弁当を頂きました。
そして、登り納めに相応しくご褒美も頂きました。
そう、見事な景色。360度視界が開け見渡す限りの
青空と山々。初めて鳥海山も見ることができました。
北から栗駒山、鳥海山、月山、朝日連峰、蔵王連峰、
船形連峰ですが、船形山、三峰山、泉ヶ岳、北泉ヶ岳、
蛇ヶ岳なんでもござれです。
鳥海山、月山、朝日連峰など2,000m級の山は冠雪し
ており、空に浮かぶ様が実に格好いいです。

自宅を朝6時に出発し、国道4号線を南に下る途中の温度計は古川で0℃、三本木では-2℃でした。
町中の国道でこの温度だとすると、山は一体・・・と不安を覚えましたが、旗坂野営場では霜は降りて
いましたが雪が積もっているようなことはありませんでした。
登り始めがほぼ同じになった若い女性がお一人居ました。休憩等で抜きつ抜かれついいペースで
登って行きます。今はやりの山ガールではなく、なかなかの強者とお見受けしました。

三光の宮の手前ぐらいから
次第に冷え始めました。霜も
ですが、先日の残雪が北側
斜面の日陰に残っています。

朝7時前の旗坂野営場には
まだ4台しか車が止まってい
ませんでした。
その後一緒に行くMさんの
車で都合5台です。

そして、ついに目指す後白髭山が
見えました。
古川方面からは三峰山、蛇ヶ岳に
隠れて見えない山です。船形連峰
の一座でありますが、船形山の知
名度からするとほとんど知っている
人はいないかもしれません。
でも、1,422mもある立派な山です。

蛇ヶ岳草原を登り切ると池塘にたどり着きます。
すっかり凍っていました。国道で-2℃でしたか
ら標高1,400mでは9℃下がって、-11℃だった
でしょうか。
夏は池塘の水面に映る青空と白い雲、緑がと
てもきれいなのですが。

蛇ヶ岳草原の雪。
この辺は日が当たるので、割と溶けて
います。
もう少し先の急斜面になると日陰になり
雪が残っています。