2012年2月19日(日) 曇りのち晴れ
▲三角山 標高709m (泉ヶ岳の前衛峰)
 駐車場 → 滑降コース → お別れ峠 → 三角山 → 駐車場



 アルコールストーブの新作(ウィックジェット)と風防・五徳もコンパクトにたためるものを作ったのでまたフィールドテストに来ました。
合わせてかんじきも、かんじき上で靴が横滑りするのを止めるガイドを付けました。

 この日も寒い日でしたがひと月ぶりのスノーハイキングを楽しめました。


泉ヶ岳に向かう国道4号線の温度計はなんと氷点下5度です。一体山は何度だろう・・・
滑降コースからスタート。
駐車場からここまででも2組の団体さんに会いました。小雪が降る天気でしたが、泉ヶ岳は人気です。
スタート直後は調子が出るまで結構息が上がります。そこを乗り越えると楽になってきます。
三角山入口で一旦休憩です。
でも、三角山はもう少し後で。
まずはお別れ峠を目指します。
途中で見つけた”雪の華”。
冬に咲いている花といえばこれくらいです。
スタートして約1時間でお別れ峠に到着です。
かんじき上での靴の横滑りを抑えたせいか少し楽に歩けたように感じました。
お別れ峠からUターンし今度は稜線伝いに三角山へ。
三角山の北側ではパウダースノーです。
こんなにサラサラです。
前回はここを通らなかったので気づきませんでしたが、
  ”三角山リバティーベル”
なるものがありました。
折角なので鳴らして来ました。
11時前、三角山に到着です。
恒例の記念写真です。
展望台に移動し早速フィールドテストです。
風防を広げ、五徳を組み立ます。
(足をねじ込むだけです)。
1月末に来た時はベンチとテーブルがかろうじて見えていたのですが、今日はすっかり雪の下です。
点火し、いよいよ沸かします。
アルコールストーブの炎は日中は見えないのですが
ウィックジェットは火炎の音が”ゴオー!”と聞こえるので
燃えているのが分かって助かります。
カップ麺の蓋を開けてお湯が沸くのを待ちます。
待つこと10分。
途中で25ccでは燃料切れして追加しましたが
無事カップ麺の完成です。
これがうまい!
今度は五徳を折りたたみ式に替えて
もう一度沸かします。
残念ながらこの五徳は安定性に欠けました。
3点支持は、原理的には平面を形成しますが
ロバスト性(冗長性)に欠けます。
トライアングル五徳の方が平面が確保でき
鍋が少々動いても安定していました。
雪山で使っていることが分かるように写してみました。
今度はフリーズドライのしらす雑炊です。
これもうまい!
カップ麺の空き容器を使って節約して食べます。
ゴミはまとめて持ち帰りましょう。
座布団を2枚重ねました。
これなら冷たくなりませんでした。
楽しい食事も終わり戻り道。
三角山の南側斜面はベトベトの雪です。
こんなにかんじきにひっつきます。
北側斜面のパウダースノーがうそのようです。
もうすぐ駐車場・・・という頃、やっと青空が迎えてくれました。
きれいですね。
雪の白と空の青が映えます。