2010年7月3日(日)
神室山 標高1365.2m 不動明王まで下見
 雑誌や地図を見て憧れていた神室山の下見に行って来ました。天気も悪そうでしたので登山口だけ見つけたら帰ろうと思っていたのですが、宮城から秋田に出たら途端に素晴らしい好天に恵まれ途中まで登ってきました。
 昔から修験者が登っていたという西の又コースからの登山となりました。本当はパノラマコースに行こうとしたのですが、迷子になり引き返したのです。後から見れば倒木ではなく通行止めの木だったことが分かったのですが、最近倒木で道を塞がれていることがあったので気にせずに乗り越えて進んでしまったのが敗因でした。


このような俳句が道々にあることになっているらしいですが、これ一つしかありませんでした。もしかしたら不動明王の先にはあるのかも・・・。


7月だというのにまだツツジが咲いていました。


三十三尋の滝と


それを眺める作者。


不動明王での記念写真。


戻り道で見つけた足の速い毛虫。

  
宮城から神室山へは国道108号線を北上し鬼首トンネルを抜け、秋の宮温泉郷を越えます。少し西にカーブして進むと中山小学校が右手の少し高台に見え、左手に神室山への看板があります。そこから役内町内を抜けていくと道々神室山への看板があり、右上の鳥居に出逢います。ここから林道っぽくなり10分程度で登山口に到着です。
 
林道もご覧の通り荒れておらず気持ちの良い道です。左手に広場がありここがパノラマコースへの登山口です。
 
登山口には立派な案内板があります。
 
広場を横目に真っ直ぐ進むと西の又コースへの登山口となります。登山口から直ぐに神室山まで4.5kmの看板がありました。

数分歩くとすぐに第1渡渉点の吊り橋です。ここで残雪を見つけました。秋田の山は7月でも残雪が見られるようです。
 
西の又川沿いに進むと左上写真のようにいい加減な案内がありました。よく分からないけどこんな道です。 これをみて見せて一体何を期待しているのか理解に苦しみますが、気にせず進むと第2渡渉点の吊り橋です。
 
ここからはしばらく西の又川沿いから外れ山沿いに進みます。いくつも支流をまたぎながら細い道を行きます。
 
次第に滝の音が聞こえ第3渡渉点に出逢います。ここの渡渉点には橋がなく岩を飛ぶか諦めて川を渡るかです。岩を飛ぶのは滑りそうでおっかないですね。ちなみに先程見えた滝が第3渡渉点に出ると大きく目に飛び込んできます。これが三十三尋の滝という滝らしいです。
 
第3渡渉点を越えて急な坂道を登るとすぐに不動明王に着きました。この日は体調が悪くここが限界という感じで滝に戻って河原でお昼ご飯を食べて帰りました。