2011年7月22日(金) 曇
花渕山 標高984.9m
9:50 鳴子スキー場跡駐車場より発 12:11 山頂  14:12 鳴子スキー場跡駐車場着



 中古レンズを買ったので試し撮りがてら来ました。
節電対策で土日が休みとなり家族が学校へ、仕事へと出かけた後に遅い出発となりましたが、花渕山は
自宅から45分程度とアクセスが良く、また2、3時間で登れるので出掛けてみました。

 鳴子スキー場が閉鎖され登山道も行き来する人が減ったようでかなり草も伸び放題になってきました。

でも、ブナ林の中は立派な登山道が維持されています。


ビッキハウスやリフトの中継所などブナ林以外のところはことごとく荒れてきました。
 

中でも最後のリフトへの道は途中ですっかり藪に覆われ踏み後すら分からない状態でした。
でも、確かここが道だったはず。 ストックを振り回してやっと道を造って進みました。
最近ナタの出番はないなぁ・・・と思って持って来なかったらこういうことになるんですね。
やっぱり刃物は必要です。


これを越えると山頂はもうすぐそこです。 すると、珍しいことに人がいました。
花渕山で人に会うことなんか滅多にないのですが、3/11の地震の影響で国土地理院より発注が
かかり測量をしているとのことでした。


最近の測量はGPSの機材を持ち込み、アンテナを三角点上に立てて近隣(20km程)の2つの山と
同時測定をするそうです。
測量の現場に出会えるなんて珍しいことで、ちょっと得した木になりました。

で、中古レンズの成果は以下です。