自作かんじき


<2012/1/22><2012/1/26><2012/1/30><2012/1/31>

 ストーブと一緒にとりあえず作った五徳を作り直しました。
五徳を百均の缶型灰皿を使っていたので上部のメッシュ部分に
SUSのボルトを立てて作りました。

<2012/1/31追加>
五徳3は燃え出したのでアルミテープの粘着が無くなりボロボロになるのが目に
見えてきました。それで早速五徳4を作るべく百均へ。
今回で完成形ですね。

網部分は鍋に当たらないので剥がします。
風防用にいいものを見つけました。
アルミ缶を切り出してもいいです。
アルミ缶の場合、外周がアルミ缶より大きいので
2缶必要です。
アルミ缶の方が丈夫ですね。
穴あけパンチでお手軽穴が開きます。
ポンチも手で開きます。
ホッチキスで繋ぎ目を留めます。
はい、出来上がり!!
20分でした。




<2012/1/26追加>
缶灰皿はボルトを立てている部分の金属が薄く弱そうなので耐久性が懸念されます。
それで、百均をうろついていいものを見つけてきました。

ワイヤーネット用かごが『私を五徳にしてぇー。』
と呼んでいます。
よしよし、望みを叶えてあげよう。
ほれ、この通り!
まずは五徳に変身!
鍋を載せても問題無し!
アルコールストーブ用だから風防もいるね。
そう、アルミテープでぐるぐるにしよう!
百均ならアルミテープも一緒に買えちゃいます。
穴開けもとっても簡単です。
力いらずです。
兄貴分と一緒に記念撮影。
はい、チーズ!
アルコールストーブが納まった様もいい感じです。

今度は底が無いので、ストーブに火をつけたら
上からかぶせられるので作業もし易いです。



<2012/1/30 五徳3のトライ>
ひどい目に遭いました。 勉強になりました。
アルミテープは粘着テープが燃えます。
いきなり燃え出しドッキリ! ススで真っ黒けです。
 

アルミテープはお手軽でしたが、失敗です。
でも、一度焼けば使えます。
ススを拭いたらそれらしいです。


改めて実験くん!

ストーブに点火。
五徳をかぶせるとこんな感じです。
いい感じですね。
鍋を載せるとこんな感じです。
風防からの隙間が前作より広いのですが
この位あるといい感じです。





<2012/2/24追加>
ストーブの炎が丁度灰皿のメッシュの桟部分に当たり炎が上に上がりませんでした。
で、修正しました。

桟部分に炎が当たり、桟に熱を取られてしまいます。
きれいにメッシュ部分は取り去りました。
枠の端なので意外と剛性があり500mLの水を入れた鍋を楽勝で乗せられました。
一応補強で平ワッシャも背面に追加しました。
遮るものが無くなり、きれいに炎が吹き上がります。

☆これを持って氷点下の雪山でも湯を沸かして来ました。
  ばっちりです!!


M4のSUSボルトを灰皿部に立てました。
袋ナットを先端に付けて受けにしています。
ストーブと風防兼五徳たちです。