2015年8月9日(日) 雨/曇
▲奥の細道 尿前の関 〜 邦人の家



 夏の連休に突入。ずっと行ってみたかった奥の細道にチャレンジ。尿前の関から邦人の家まで片道10kmを
超えるロングコース。 尿前の関から大深沢を抜けるところまでは紅葉の写真撮りで何度も足を運んでいる。
今回はその先。国道沿いを2kmほど歩くところもあるが、全て歩道があるので取り敢えず安心だった。

 昨日から天気が今一つ。でも、昨日は雨は朝のうちだけだったし、夕方は晴れてきたのでつい行く気になって。
それが大外れだった。基本的に一日雨だった。半分以上の行程を傘をさして歩き通した。
思いっきり蒸し暑く、当然のごとく若干の虫にもたかられながらうっとおしい限りだが、初めて歩く道はなかなか
楽しい。少しきつい坂道もあるが結構ルンルンの軽い起伏の道だ。

 邦人の家にたどり着き、分水嶺を見たら決心した。雨も引き続き降るし、帰りは汽車で帰ろう。
それが正解だった。

尿前の関の芭蕉像と記念写真
尿前の関にて。
出発前の記念撮影。
小深沢を超えるとしばらくは平たんな道。
この辺は紅葉の写真撮影でよく来るところ。
大深沢を超えて2kmほどは国道沿いを歩く。
中山平温泉駅にはSL(C58)があった。
お、中山宿跡の道標。
ここからまた古道に戻る。
山神社。
杉林が立派。
そこを抜けると西原。
平原の広がる農道で気持ちがいい。
晴れていたらさぞや気持ちがよかっただろう。
西原から左に入るとほどなく軽井沢。
きれいな沢だ。イワナがいた。
広い気持ちのよい古道にて。
最後の沢、関沢を越え石畳の古道を行く。
実に旅している感じがする。
尿前の関から3時間。
ようやく邦人の家にたどり着いた。
ここでも芭蕉像と記念撮影。
邦人の家からすぐ堺田駅。
その手前に分水嶺がある。
ここから日本海と太平洋に注ぐ水が流れている。
汽車の中。
鳴子温泉駅から尿前の関駐車場までの2kmを戻る。
結局は今日は一日雨。