びーのホームページへようこそ! 本文へジャンプ
 びー級 歴史探偵団


びー級(B級)歴史探偵団とは、歴史大好きな びーが

(役に立たない)歴史の不思議な関係を調査分析する

世に歴史の面白さを伝える?コンテンツです。



前原松下因果説

民主党元代表の前原誠司氏は松下幸之助氏が立ち上げた

松下政経塾出身第8期生だそうだ。

独自の対案路線と労組に媚びない政策が注目されるが

メール問題で辞職する。

思い起こせば、明治初期に
前原 一誠という

吉田松陰の松下村塾出身で、その才能を発揮するが

明治9年に政治改革を目指し萩の乱をおこすが失敗し斬首される。

忠臣蔵の四十七士の一人、前原伊助

米屋五兵衛と名乗って吉良邸を見張っていた人物。

この人と松下の関係は・・・

江戸城内のの廊で主君浅野長矩が吉良に切りつけた刃傷事件

これが無ければ歴史に名を残すこともなかったであろう


首相一、三交代説

明治から続く日本の総理大臣、その名前を見てみると

面白いことに気がつく!

それは、ひとつの例外を除いて

一の次に三が、三の次には一の名前のつく人が

総理になっているいるのだ。

なぜか二のつく名前の総理はいないのも面白い。

空白期間を除き正式な内閣総理大臣の一と三を見てみると

第21代、加藤 友


第26代、田中義


第35代、平沼騏


第52代、鳩山


第66代、
木武夫

第78代、宮沢喜


第84代、小渕恵


第87代、小泉純


第88代、安倍晋



もし平沼騏一郎でなく騏三郎だったら完璧だったのだけど。

ほぼ三と一が数字で交合に総理になっている。

つぎの総理に一番近いのは小沢一郎???・・・




よしおさん不幸説


よしおさんは不幸? 一般人には関係ないだろうが

なぜか歴史に出てくる「よしお」さんは不幸だから仕方がない

いい名前だと思うんだけどなぁ・・・・

平安時代のよしおさんは伴善男(とものよしお)809〜868年

あの有名な大伴家持の子孫だ。もともと大伴氏を名乗っていたが

伴と名前を変えたのがいけなかったのか?善男さん

大納言にまで上り詰めたのは良かったが866年に

応天門が炎上するという事件が起った。

応天門とは宮中の正門で大伴門とも呼ばれ

代々大伴氏が守護してきた門である。

火事で全焼した応天門を伴善男は政敵である左大臣源信(みなもとのまこと)

の放火だと訴えたが、逆に伴善男が源信を陥れを計った罠で

応天門に火をつけたのは伴善男本人であるとされてしまった。

伴善男は罪を問われ伊豆に流され没したという。

自分で先祖代々守ってきた門を焼くとは思われないが

伴善男の政敵により政界から葬られたのだろう。


忠臣蔵で有名な主役は大石内蔵介である。

内蔵介とは通称で本名は大石良雄(おおいしよしお)という。

*注:よしかつとも読む

本来なら赤穂藩の家老として悠々自適で平和な生活を

送れたであろうが馬鹿な殿様のせいで藩はつぶされてしまう

結局、46名の浪士とともに亡き馬鹿殿の恨みを晴らすという

とっても傍迷惑で不幸な人生を送る羽目になってしまったのだった


幕末、京都の治安を守ったのは新撰組!

近藤勇、芹沢鴨らと共に会津藩浪士組(後の新選組)を結成した

殿内義雄(とのうちよしお)だったが、近藤らともめ

近藤一派によって殺害されてしまう。

殿内義雄に非はなかったのだが近藤派にとっては

邪魔者だったのだろう。不幸な話である




連番日謀殺説

連番日にテロが起っている?本当だろうか?

テロリストが連番日を選んでいるとは考えられないが

何故か連番日にテロが・・・

ケネディ大統領暗殺事件といえば1963年1122

11と22の連番である。これほど有名なテロ事件もないほどだ。

ダラスでオープンカーで走行中にオズワルドに射殺された

ゴ・ジン・ジェム暗殺事件、1963年11

南ベトナム大統領が暗殺されたのも1が3つの連番日

ケネディ大統領の後ろ盾で南ベトナムの独裁者になったが

クーデーターにより暗殺される。この二人の暗殺には

CIAが絡んでいるとの噂もあるが・・・

キング牧師暗殺事件、1968年

黒人公民権運動の指導者キング牧師。

ノーベル平和賞を受けたキング牧師だがジェームス・アール・レイ

によって銃撃された。数々の脅迫を受けていたキング牧師。

最大の脅迫者はFBI長官フーバーでもあった。

1996年4月22日、ペルー日本大使公邸占拠事件

72人もの人質をとったMRTAゲリラが大使公邸を襲ったのは

1995年12月18日、5ヶ月もの長い間占拠され

ペルー軍による突撃でゲリラは全員死亡。人質は一人死亡という

奇跡的な解決を見せた裏にはアメリカ対テロ組織

デルタフォースの活躍があった。

2001年日、マスード司令官暗殺事件

アフガニスタン北部同盟の司令官マスードは

アラブ人ジャーナリストのビデオカメラの爆発で爆死。

ジャーナリストはアルカイダの暗殺者だという。

2001年9月
11日といえば記憶に残っているでしょう。

そう
アメリカ同時多発テロである。

ニューヨーク貿易センタービル、通称ツインタワーが

ハイジャックされたジャンボ機で激突しビルは崩落。

犯行はアルカイダグループであった。

アハマド・ヤシン師暗殺事件。2004年3月22

イスラエル軍のヘリコプターからミサイル攻撃された。

車椅子生活のイスラム教指導者ヤシン師を

ミサイルで暗殺するという暴挙をしたのは

イスラエル公認の暗殺である。


2004年3月11日 スペイン・マドリード鉄道爆破テロ事件

国際テロ組織アルカイダの犯行といわれ191名もの犠牲者がでた。


2004年4月22日 北朝鮮・龍川駅で貨物列車爆発事件

北朝鮮で金書記が中国から列車で帰国中に起きた爆発事件

おそらく金氏暗殺をもくろんだテロだろう。


2005年7月7日、ロンドン同時多発爆破テロ事件


地下鉄トンネル内の3カ所でほぼ同時に地下鉄の車両が爆発した事件

アルカイダの犯行といわれるが不明な点も多い謎の事件


2006年7月11日、ムンバイ列車爆破事件

インドのムンバイで起きた列車爆破テロ

無名のテロ組織、ラシュカル=エ=クァッハルの犯行だという



英雄四十九歳死亡説


英雄。それは歴史を変えるほどの活躍をした人物

もしくは誰もが認めるほどの活躍をした人物

そんな人物の多くが49歳で死亡している!

本当だろうか? 以下に見てもらえば分かるはずである。

日本人なら誰でも知っている古代の英雄といえば

昔、一万円札の肖像画で有名な
聖徳太子

聖徳太子は574年〜622年まで四十九歳の生涯だった。


次にあげるのは戦国時代三英雄の一人 
織田信長

織田信長(1534〜1582)も本能寺の変で四十九歳で亡くなった。

「人生50年下天・・・」をと幸若舞「敦盛」を好んで舞っていたのは皮肉なものである。

戦国最強の武将といえば、
上杉謙信(1530年〜1578)を取り上げる人も多いでしょう。

越後の虎とも呼ばれ、彼が突撃すると敵は道を開けていったというほどの英雄

彼も上洛をめざし信長軍を蹴散らしていく途中病に倒れ四十九歳の生涯をとじたのだった。

世は豊臣から徳川へと進む中。徳川家康をあと一歩のところまで追い詰め

「ああ真田日本一の兵」といわれた英雄。
真田幸村(1567-1615)

この
三人の戦国時代を代表する英雄が共に四十九歳で生涯を終えているのは

偶然であるが面白いですね。


明治維新を成し遂げた二人の英雄。西郷隆盛と大久保利光

明治維新の英雄
西郷隆盛(1827〜1877)は大久保利通と共に

徳川幕府を倒し、日本を近代化へと導いた英雄だ。

西郷は大久保との立場の違いから別れ、政府へ反乱を起したが敗れ

鹿児島で四十九歳で自殺した。

西郷軍を新政府軍で倒した
大久保利通(1830〜1878)だったが

1年後、士族島田一郎らによって暗殺されてしまう。享年四十九歳

幼馴染の二人は死ぬ年齢までもいっしょだった。


「坊ちゃん」などの作品で有名な
夏目漱石

大正浪漫の画家 
竹久夢二

日本のゴッホと呼ばれた裸の大将、
山下清

これら文学、絵画の英雄も四十九歳で亡くなっている

四十九歳って英雄にとって、とっても危険な年齢なんでしょうね


私も気をつけようっと・・・(あんたは英雄じゃありませんから 
残念!



二代目三男説

なんと日本の二代目は三男がひしめいていた!?

それは本当だろうか?

以下にあげる偉大なる?二代目たちを見てみよう。



まず最初にあげるのは天皇家である。

初代天皇は神武天皇だが、その子供で二代目の綏靖天皇は三男だった。

神武天皇の死後、長男である手研耳命(タギシミミノミコト)が弟たちを殺し

実権を握ろうとしたが、綏靖天皇が手研耳命を殺害したため

他の兄弟たちは綏靖天皇を二代目天皇とした。



源氏といえば源頼朝を思い出すが

武士として源氏を率い活躍した源義朝の三男である。

義朝は平清盛と共に保元の乱で活躍したが

平治の乱で平清盛に破れ死んでいます。

三男頼朝は伊豆に流され苦難の生活を送ります

頼朝は源氏を再び起こし平家を倒し源氏武家政権を作ります。



戦国時代の三英雄と言えば信長、秀吉、家康であるが・・・

戦国時代の革命児織田信長、彼の後を継ぐのは長男信忠であったが

本能寺の変で信忠は明智光秀に京都二条城で殺されてしまう。

その後清洲会議で信忠の子三法師が織田家を継ぐがこれは名目だけのこと

実際に江戸時代に織田家を継いだのは次男信雄であった・・・

次男じゃねえかよ!(キ▼ー▼)χ(▼ー▼キ) ヤクザ軍団

しかし この信雄、実は信長の三男だったのだ。

三男信孝の方が信雄より20日早く生まれたのだが

母親の家柄の違いから信雄が次男になってしまったのです。


農民から関白になった英雄秀吉。彼の後を継いだのは秀頼だった。

秀吉には三人の子がいた。最初の子は秀勝といったが

わずか7歳で亡くなってしまう。

次の子は淀君との間に生まれた鶴松であるが3歳で亡くなる。

その後、淀君との間に生まれたのが三男秀頼である。

豊臣秀頼は秀吉の後を継ぐが徳川家康に滅ぼされてしまう。


江戸幕府を作った征夷大将軍徳川家康。

二代目将軍は三男秀忠だった。

家康の長男信康は謀反の罪で信長の命令で切腹させられる

次男秀康は家康に嫌われていたらしく他家に養子にだされ続ける

秀康のほうが三男秀忠より武勇も上だったが忠実な秀忠に

徳川家は委ねられることにといっても

二代目将軍となっても家康が大御所として政治を操っていたのだが


どうでしょう 三男二代目説。 長男が二代目とは限らないのは面白いでしょう





百年周期大改革説

なんと日本の法律は約百年周期で大改革されていた?!

それでは どんな法律が百年周期で制定されていたのか見てみましょう


1588年     刀狩令

1687年 生類憐みの令

1787年  寛政の改革

1889年 大日本帝国憲法制定

1988年  消費税制定


以上のように、約百年おきに大きな改革が行われています。


1588年 刀狩令は豊臣秀吉が農民と武士の身分を切り離し

一揆の防止と専属武士を作る画期的な法律を日本全土に広めました。

1687年 生類憐みの令は徳川綱吉による動物愛護法で

動物を殺してはならないという。とんでもない法律のようですが

当時、歌舞伎者(歌舞伎役者ではなくて派手なやくざまがいな者)が

好んで犬を食べる風習があったのをやめさせるためだともいわれいます。

1787年 寛政の改革は松平定信が質素、倹約をむねとする改革で

棄捐令という借金棒引きにする法律も出しています。

1889年 大日本国憲法発布は立憲政治の基となる出来事で

現代に至るまでの日本の政治の根本ともいえる憲法の制定であるます。

1988年 消費税が制定されました。当時3%でしたが後に5%になり

さてさて何%まで消費税は上がっていくことやら・・・・



15代政権交代説

日本の歴史を見てみれば、天皇中心でありながらも

数多くの政権が誕生し消えていった。

しかし、長く続いた政権も何故か?15代で終えている。

では、15代で終えている政権を見ていこう。



鎌倉時代、鎌倉幕府の執権(今で言えば鎌倉総理大臣)として

代々その地位を受け継いでいった北条氏。

では、ここで執権になった北条氏を見てみよう。

北条時政(1)
義時(2)
泰時(3)
経時(4)
時頼(5)
長時(6)
正村(7)
時宗(8)
貞時(9)
師時(10)
宋宣(11)
煕時(12)
基時(13)
高時(14)
貞顕(15)
守時(16)

あれ! おいおい! 16代じゃねえかよ!(▼▼)

お怒りなのは当たり前ですが・・・ (゜ー゜;Aアセアセ

ここで言い訳を、実は15代貞顕は何と

執権の在位がわずか11日間なのです。

在位期間 西暦1326・3・16〜1326・3・26

これほど短命な在位では何も出来なかったでしょうし

政権というには、程遠いのではないでしょうか

そこで政権という考え方からして15代と考えてもいいのではと


余談ですが、北条一族には代々名前に「時」という字が使われています。

この「時」というのは嫡流に受け継がれていまして

嫡流で無い「正村」や「宋宣」「貞顕」などは本来、執権にはなれない人たちなのです。

これから考えても貞顕は執権につくべき人ではなかったのでしょう。




つづきまして、15代政権といえば・・・

室町幕府の足利将軍利政権です。

では、同じように歴代の足利将軍を・・・

足利尊氏(1)
義詮(2)
義満(3)
義持(4)
義量(5)
義教(6)
義勝(7)
義政(8)
義尚(9)
義種(10)
義澄(11)
義晴(12)
義輝(13)
義栄(14)
義昭(15)

なるほど15代で将軍家は織田信長に京を追放されて終わっている。

しかし、後に豊臣秀吉(当時羽柴秀吉)が京に義昭を呼びよせ

自分を養子にしてほしいと頼んだが断られた。

もし、秀吉が義昭の養子となれば将軍秀吉が誕生していただろう。

まあ どちらにしても足利尊氏から続く将軍家は終わりを告げるのだが。


足利家も嫡流には「義」の字が使われる。

足利尊氏はもともと高氏だった。

高氏とは北条高時(14代執権)から「高」もらった名前だからだ。

しかし北条家を裏切って後醍醐天皇側についた高氏は

後醍醐天皇の名前「尊治」の字をもらい尊氏と改名している。




つづいて、15代政権といえば、やっぱり徳川将軍家でしょう。

日本の将軍といえば徳川家康。

では歴代の徳川将軍を見てみましょう。

徳川家康(1)
秀忠(2)
家光(3)
家綱(4)
綱吉(5)
家宣(6)
家継(7)
吉宗(8)
家重(9)
家治(10)
家齋(11)
家慶(12)
家定(13)
家茂(14)
慶喜(15)

見事に15代で政権が終わっていますね。


徳川家も「家」という字が嫡流に受け継がれていますね。

嫡流でない「吉宗」「慶喜」など違いがよくわかります。

では綱吉は?というと、このひとは家光の子供であるけれども

本来、将軍には程遠い人だったので、当時の人も将軍になるとは

誰も思っていなかったでしょうね。

秀忠の場合は秀吉から字をもらっているので「秀家」と名乗ってもおかしくないのだが・・・

宇喜多秀家と同じ名前になるので嫌ったのかも知れませんね。

「秀康」と名乗れば?という人がいるかもしれませんが

もうすでに秀忠の兄に(結城)秀康という人がいます。

でも、なぜ家康は「康」という字を嫡流として使わなかったのでしょう。

長男の信康は武田家と内通しているとして自害させられ

次男の秀康は自分の子ではないのではないかと疑うなど

あまりにも「康」の字に悪いイメージが残ったからかもしれません。




最後の?15代政権とは・・・

それは自由民主党です。

それでは歴代の総理大臣を出した自民党の総裁を見てみましょう。

鳩山一郎(1)
石橋湛山(2)
岸信介(3)
池田勇人(4)
佐藤栄作(5)
田中角栄(6)
三木武夫(7)
福田赳夫(8)
大平正芳(9)
鈴木善幸(10)
中曽根康弘(11)
竹下登(12)
宇野宗佑(13)
海部俊樹(14)
宮澤喜一(15)

見事に15代です。16代目は誰かというと河野洋平さんで

総裁にはなったが、総理にはなれなかった。(連立政権で細川護煕が総理に)

17代目は橋本龍太郎から20代目小泉純一郎まで総理総裁は続いている。

さてさて、この後15代も続く政権が現れるのでしょうか?